■Cybozu Days 全体について
会場の雰囲気は、暖色系のカラーリングで、どちらかというと
ゆるい?感じがしました。
一見テーマパークのような、そんなイメージでしたね。
私は昔、ビジネスショウやデータショウ、エレクトロニクスショウなど
今ならCEATEC(シーテック)か、
大きな展示を何回も見たことがありますが、それとはだいぶ違う景色でした。
一社で開催していることで、テーマとか、方向性とかがはっきりしていて、
盛り上がっていたのではないかと思いました。

■初出展内容について
3出展のうちの1出展を担当したわけですが、
ともにIoT関連の出展ということで、ユニーク性を出せて、それなりに
注目されたようで、よかったです。
私の得意分野に近い内容だったので、楽しさもありましたし。
展示内容に、もっと人を引き付ける工夫があればいいかな?
具体的なアイデアはまだないですが。

■あとがき
それにしても、立ちっぱなしは疲れた。
一見すると立っているように見えて、実は何かに寄りかかってる
みたいな道具はないですかね。
今回は、展示の説明員ということで、あまりブースを離れていませんでしたので
次回は、できればブースをいろいろまわってみたいと思っています。


コメントを残して頂けると嬉しいです

Case Of Akvabitの全投稿一覧