Articles tagged with: スマレジアプリコンテスト

2022年5月のまとめ(個人)


公私の「私」

●家族とのふれあい

§  総括 

コロナウイルスは終息に向かっているようです。まずはおめでたいと思います。観光業が復活し、にぎわいが戻って欲しいと思います。但し交通渋滞はしない程度に。
あとは国際情勢です。ウクライナへの侵攻や北朝鮮の動静など、気になる報道が世を騒がせています。

そんな中、おかげさまで仕事は順調です。商談の機会を複数いただけているので、商談を名目にあちこちを訪れ、放浪癖を満たす毎日です。ただし、仕事込みなので道中は旅情に浸る間がないほどやりとりに追われています。が、今月はその出張を連休と組み合わせたので、充実した旅が出来ました。

仕事をこなしながら、合間に自分のしたいことができるような状況。私が求める理想まではまだまだですが、少しずつ前に進んでいます。
そろそろ体力と気力、知力にわずかずつですが衰えが生じてはじめています。今月は連休以外はあまり土日も外に行けていません。
私は仕事以外にもやりたいことをたくさん持っています。自分に残された時間の中で、それらがどれぐらいできるのだろうと考える日々です。

一昨年の九月に読んだ「DEATH」に書かれた人生の意味。私自身でも考え続けてきた生と死の意味を何度も考える毎日です。
人生は有限であり、残された時間はわずかです。無数の生がそれぞれの運命のもと、懸命に毎日を生きようとしています。私も仕事に一日の大半の時間をとられる毎日です。
知床岬の遊覧船の沈没事故やウクライナへのロシアの侵略では、将来が有為な方が巻き込まれ、命を落としています。世の無情と人の生の儚さを感じます。

私の人生もいつどこで突然の幕引きを迎えるかもしれません。昨年の下半期に切実に感じた生死に関する危機感。
道志村で行方不明になった女児の骨が見つかりましたが、昨年の遭難で私もそうなっていた可能性もあります。
今の命のありがたみを公私ともに忘れぬようにしながら日々を充実して送ろうと思います。

次女がミシュランの星付きのお店にはいっていますが、連日しごかれています。夜中に帰宅し、誰もいない家で一人で過ごすことに、家族のありがたみを感じてくれているようです。娘たちの事をフォローしながら、これからの人生を無事に過ごしてほしいと考える毎日です。

娘たちの葛藤や悩みも人生の大きな糧になります。私も悩める人として限られた人生の中で家族との時間を大切にしながら、自分に与えられた可能性と時間を精一杯使い切りたいと思います。

今月は家族とは一回お出かけしました。妻とは一回、妻と長女とは六回、妻と次女とはゼロ回、長女とは一回、次女とはゼロ回。

§  月表

・五月お出かけ

丈山苑、刈谷駅、名古屋駅、憩いこい きしめん JR名古屋駅 5-6番ホーム、東山線 名古屋駅、東山公園駅 (H17)、地下鉄 千種駅、藤一番 千種店、JR 千種駅、多治見駅、美濃加茂ステーションホテル、美濃太田駅、長良川鉄道 美濃太田駅、ミニストップ 坂祝町店、美濃加茂市役所分庁舎、美濃太田駅、太田宿 中山道会館、旧太田宿本陣門、太田宿 渡しの広場、御代桜醸造、中山道 太田宿、龍興山 祐泉寺 (美濃三十三観音第27番)、コノミヤ美濃加茂店、ブロンコビリー 美濃加茂店、北濃駅、道の駅 白山文化の里長滝、あゆパークレストラン里川、悲願寺、阿弥陀堂、阿弥陀ヶ滝、五稜滝、霧ケ滝、魚返橋の滝、前谷村定次郎顕彰碑、前谷白山神社、終着北濃駅、郡上八幡駅、長良川鉄道 美濃太田駅、美濃加茂ステーションホテル、美濃太田駅、大阪駅、甲子園口駅、甲陽園駅 (HK30)、ツマガリ 甲陽園本店、焼きたてのパン トミーズ 魚崎本店、浜福鶴吟醸工房、セブンイレブン 尼崎富松町2丁目店、富松城跡、正玄寺、JR福知山線脱線事故追悼施設 祈りの社、ヘアーサロンホープ、甲子園口駅、大阪駅、阪神バル横丁、阪神梅田本店、髭寿司、新大阪駅、東海道新幹線 新横浜駅、らあめん花月嵐、日吉神社、野津田耳鼻咽喉科アレルギー科、はま寿司、七面社、George’s Furniture 玉川学園店山梨宝石博物館河口湖オルゴールの森美術館ほうとう不動 東恋路店道の駅 かつやま小海公園谷村PA (上り)談合坂SA (上り)、麺処 花田、カフェCreatea、西郷隆盛像、上野恩賜公園、正岡子規記念球場、サトウハチロー旧居跡 (文京区弥生)、ラーメン燈郎、さるびあ図書館、サイゼリヤココデンタルクリニック、魚がし日本一、Starbucks、籠屋(秋元酒店)、狛江水辺の楽校、薬師池公園 蓮園、エースコンタクトとなりに。日本百貨店オールドヒッコリーカラオケ館 町田木曽店、金井遊歩公園、スーパー三和 金井店、きらぼし銀行 鶴川支店、Kitacos Cafe & Garden、Starbucks、味の民芸 本町田店、中華飯店 金華園、Pocket Mart、小野神社、洞昌院、太田道灌の墓、出雲大社 相模分祠、祖霊社、大國の名水、震生湖、震生湖公園、白笹稲荷神社、ハダノ浪漫食堂、千鳥ヶ淵公園、自由の群像、KAMUKURA DiNiNG、cafe CARREFOUR カルフール恵比寿ガーデンプレイスアトレ恵比寿はま寿司、御茶ノ水駅、ベーカリー ケルン、saltyoysterhouse、イオンスタイル上麻生、鶴亀松公園、Kona’s Coffee 新百合ヶ丘店セブンイレブン 町田本町田中町店、城山公園 (成瀬城跡)、セブンイレブン 町田真光寺店BigBoy 黒川店

・五月ツイート
https://togetter.com/li/1894642

§  家族とのお出かけ 家族で出かけたのは、上の年表で黄地に太字にしているイベントです。家族で出かけたのは、今月は一回です。

次女が家に帰ってきたタイミングで町田で買い物をし、その後オールドヒッコリーにピザを食べに行きました(5/15)。
また、その後は家族で数年ぶりにカラオケに行きました。どれも久々で楽しく過ごせた一日でした。

§  妻とのお出かけ 妻と出かけたのは、上の年表で桃地に太字にしているイベントです。今月は妻と二人で一回出かけました。


恵比寿でスマレジアプリコンテストの授賞式があり、授賞者として呼ばれていたのですが、このアプリをココデンタルクリニックに導入するため、妻にも来てもらいました(5/26)。


授賞式の後は近くのcafe CARREFOURで小休止。その後、妻と結婚式を挙げた恵比寿ガーデンプレイスを散策しました。今、大規模リニューアル工事中で三越やその他のお店が閉まっていたのが残念でした。

§  妻と長女とのお出かけ 妻と長女と出かけたのは、上の年表で緑地に太字にしているイベントです。今月は妻と長女との三人で出かける機会は七回ありました。

そのうち五回は、近所へ三人で食事に行きました。


あとは、河口湖を巡った旅です(5/8)。母の日の妻の希望で山梨宝石博物館と河口湖オルゴールの森美術館を訪れました。宝石博物館に展示されていた輝石の数々は美しく、妻も満足していたようでした。また、オルゴールの森美術館に訪れるのも久しぶりでしたが、見事な音色と精細な細工のオルゴールの数々には感嘆させられました。オペラ歌手の方のアリアとオルゴールの音色の響きもとてもよかったです。

夜は、野乃花と凛を散歩させるために道の駅かつやまとその前の小海公園を散歩させました。さらにはいつもよく訪れる「ほうとう不動東恋路店」でほうとうを。美味しかった。


別の日には妻の希望で神社巡りを(5/22)。小野神社、出雲大社相模分祠、白笹稲荷神社と震生湖へ。素晴らしい旅ができました。夜に訪れたハダノ浪漫食堂の酒と料理もまた格別でした。

こういう旅について来てくれる長女にも感謝しなければ。

§  妻と次女とのお出かけ  妻と次女と出かけたのは、上の年表で緑地に太字にしているイベントです。今月は妻と次女の三人で出かける機会はありませんでした。

今後も、次女の忙しさから考えると、この三人で出かけられる機会はなかなかなさそうです。

§  娘たちとのお出かけ  娘たちと出かけたのは、上の年表で青地に太字にしているイベントです。

長女とは一日だけ二人で食事に行きました。いろいろと話ができたのはありがたい機会だったと思います。
イラストレーターの仕事の件など、試行錯誤の日々だと思いますが、そのうち進む道を見つけてくれると信じています。
今月は関西に帰省したついでに長女にイラストを発注し、掲示していただいたヘアーサロン ホープさんを訪問し(5/5)、私の頭を理髪してもらうと同時にお礼を伝えました。

コロナウイルス。ウクライナ。成人年齢の引き下げ。娘たちは変化の時代に生まれついてしまいました。
気の毒とは思いますが、そこで何をするかで人生は変わってきます。そもそも安定など、幻想でしかありません。
不満だらけの日々だと思いますが、そこから歯を食いしばって生きていってほしいと思います。

●私自身の五月(交友関係)

§  関西の交流関係 今月は名古屋・岐阜出張の後、特急「ひだ」に乗って大阪に帰りました。連休の後半は実家で二泊しました。
甲陽園のツマガリに初訪問し、魚崎のトミーズであん食パンを、濱福鶴で酒を母の日にと購入し、長女のイラストを掲示してくださった園田のヘアーサロン ホープさんで頭を散髪してもらいました。その道中では私の恩人である先輩の家にも寄りました。先輩の家は、コロナが世を騒がす直前に訪問した際に聞いていた通り、すでに転居され、空き家になっていました。今度は事前に連絡して伺うようにします。

出張の最終日は中学の時の親友たちと。梅田の阪神百貨店地下で寿司を食べながら呑んで旧交を温めました。楽しかったなあ。故郷にまだ集まってくれる友人がいることに感謝です。
あと、高校からの友人がFacebookでライブ告知をしている投稿に反応し、ひさびさに友人との会話を楽しみました。

§  今月の交流 今月は何度も対面による商談の機会がありました。
また、五回ほど飲む機会もありました。関西の友人たちや、東京で仕事を一緒にしている友人たち。

山登りの会も企画されていたのですが、そちらは残念ながら雨や予定で中止になってしまいました。
そろそろ忙しい日々の合間に交流を復活せねば。コロナも収束しつつあることですし。

●私自身の五月(文化活動)

§  今月のブログ 読んだ本のレビューを記す読ん読ブログの執筆は、主に2020年に読んだ1冊分となりました。
レビュー執筆は、私の中では大切なライフワークとして位置付けています。ですが、このところ、書く時間があまり取れていません。読んでから原稿をアップするまでの時間も一年七カ月以上がたっています。今は本当に物を書く時間がとれず、今月は1冊のみの惨状です。
はやく遅れを取り戻したいと危機感を持っています。質を落とさずにこの期間を縮めたい。それが去年に引き続いての課題です。書く行為への熱意は衰えていませんので、引き続き続けたいです。このところプライベートの時間ご仕事によって犠牲になっています。この冊数はまさに私の中のバロメーターです。

以前に連載していたCarry Meさんが運用する本音採用サイトの「アクアビット 航海記」を弊社サイトにアップし直す作業ですが、今月は1本アップしました。
(「アクアビット航海記 vol.43〜航海記 その27」)
新たな会社に入るための準備で、ウイルスに荒らされ、管理がないがしろにされた環境で、情報機器管理の大切さを学んだことを書いています。

今月、書いた本のレビューは1本(
賊将

今月、書いた抱負は0本() 。
今月、書いた旅日記は0本() 。
今月、書いた物申すは1本(
鉄道の廃止に物申す
) 。
今月、書いた弊社の活動ブログは1本(
スマレジアプリコンテストで佳作をいただきました
) 。
今月、書いた弊社の技術ブログは0本()。

なお、先月から毎営業日にnoteに書き始めた記事ですが、今月は以下の内容をアップしました。
4月28日 経営は事故を常に想定する
4月29日 コロナに対する態度は未定。
5月2日  発信とは、長く継続的に地道に
5月3日  聞く力を養うと案件に繋がる
5月4日  真っ当な経営こそが繁盛の元
5月6日  個人に責任を負わせる事の弊害
5月7日  過去をモチベーションの源泉に
5月9日  情報技術の適切な使い道とは
5月10日 情報の取捨選択の訓練を行う
5月11日 一社に依存しないためにやる事
5月12日 自社の長所短所を把握する
5月13日 Googleイマーシブビュー!
5月16日 人工知能による政治の可能性
5月17日 軍用技術と民間技術の境目は
5月18日 契約先の実在確認の必要性
5月19日 電子書籍の普及が進みますが。
5月20日 目的を持つことは尊く困難
5月23日 自主的に学ぶ風潮を育てる事
5月24日 自社サービスの新たな挑戦。
5月25日 システムの粗利率を反省する
5月26日 古い技術を嗤うのではなく

§  今月の読書 今月は4冊の本を読みました。内訳は、民俗学一冊、伝記一冊。SF小説一冊。歴史小説一冊。

今月は移動中も連絡をこなすことが多く、仕事に追われていたため、あまり本は読めていません。

私が昨年の年始に掲げた目標の一つは本を出版することですが、一昨年の11月に一緒に飲んだ方がそうした伝や知識を持っている方であり、必ず本を出版するとの思いは増すばかりです。
今年は、その準備も進めています。


§  今月の映画 今月の映画鑑賞は0本です。
今年は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を全て見ようと決意しています。今のところ第二十回まで全て見ることができています。面白いですし、俳優さんの演技が素晴らしいです。


§  今月の舞台 舞台については、今月は0本です。

§  今月の音楽 今月も生演奏を聴く機会がありませんでした。
コロナが始まってから、70年代の洋楽を聴きまくっています。今月はBee Geesのアルバムを順に聴いていっています。ようやくディスコブームのところまできました。
そういえば高校時代からの友人がDream Theaterの名盤『Images & Words』の完全再現コピーのLiveを行うとか。とてもワクワクしたので行きますと即答してしまいました。


あと、家族でカラオケに行きました。4人そろっては久しぶりでした(5/15)。



あと、河口湖オルゴールの森美術館に家族で行ったのですが、そこでオルゴールの音色に癒されました。また、本職のオペラ歌手の方の響かせるアリアとオルゴールのコラボレーションを聞くことができました。とても素晴らしい瞬間でした。

§  今月の美術 今月は上にも書いた河口湖オルゴールの森美術館で見事な工芸品の数々に見惚れました。施設内の調度も素晴らしかったと思います。
また、その前に訪れた山梨宝石博物館でも見事な貴石に見惚れました。宝石は自然の美術品だと思います。美しい輝きにしばし目を奪われました。


§  今月のスポーツ 今月もスポーツをやる時間はありませんでした。
ですが、北濃駅から道の駅を経由し、阿弥陀ヶ滝と霧ヶ滝を巡り、再び北濃駅までの往復14ロ弱を歩きとおしました。
それもまた運動です。


§  今月の滝 今月は四つの滝を見ることが出来ました。「阿弥陀ヶ滝(5/3)」「五稜滝(5/3)」「霧ケ滝(5/3)」「魚返橋の滝(5/3)」
阿弥陀ヶ滝は日本の滝百選に選ばれています。実は私が日本の滝百選に選ばれた滝を見るのは昨年の七月に北精進ヶ滝を見て以来、10カ月ぶりのこと。コロナ感染や多忙のため、滝巡りをする時間が取れていなかったことで、どうしても連休には訪れようと思っていました。久々にきちんとした滝巡りが出来たのがよかったです。
阿弥陀ヶ滝は私にとって四十一カ所目となる日本の滝百選に選ばれた滝です。まだ半分も訪れられていないことに焦りを感じます。
この滝は直瀑ですが、滝身の水の落ち方になかなか風情があり、ずっと見入っていました。また、裏見の滝なのですが、通行禁止になっていたのであえて滝つぼにはいかずに観瀑していました。

その近くにある五稜滝は、樹々に滝姿が遮られていたため、滝の全貌を見ることができませんでした。でも、木の葉の合間に見え隠れする滝身はとても大きく、見てみたいと思わされました。

そこからすこし道路を山の方に登っていくと霧ヶ滝があります。ここは道路沿いにある滝ですが、水量も少なく、さらに風に吹き曝しになっているためか、水が霧のようにまき散らされていました。名前の由来でもあります。

締めとしたのは魚返橋の滝です。ここは沢に沿って降りる滝で、小ぶりではありましたが、道路から見下ろす滝を眺めつつ、滝巡りを締めました。


§  今月の駅鉄  趣味の駅訪問は四駅です。「美濃太田駅(5/1)」「美濃太田駅(5/2)」「北濃駅(5/3)」「甲陽園駅(5/4)」
美濃太田駅は長良川鉄道の始発駅です。一両編成の列車が行き来します。その姿がなかなかけなげで、汽笛を鳴らして出発する様子や、はるか向こうから勾配を下ってやって来る姿など、規模が大きい駅でありながら、ローカル線の風情を持った駅でした。
今回の旅で終電と始発の両方を見ましたし、始発には乗ることまでできました。


美濃太田駅はJRの駅です。最初に到着した際は、想像以上に大きな駅、という感想を抱きました。ところが、夜は駅前で営業している店は皆無です。その姿に鉄道の落日を感じました。
ですが、コンコースのガラス窓を通した夕日の美しさがこの駅の印象を好転させてくれました。太多線や高山本線や長良川鉄道が行き交う頻度も思ったよりも多く、かつての鉄道黄金期に来ていれば、鉄道のダイナミズムがさらに堪能できたはずです。
最終日はこの駅から大阪まで特急「ひだ」に乗りました。その旅もあっという間でしたが、大阪からこんなに近いのか、というのも新たな発見でした。
もう一度この駅には仕事で訪れることになりそうです。楽しみです。

北濃駅は長良川鉄道を延々と乗り通した果てにある終着駅です。緑が濃く、それらの樹々がホームや列車を包むように茂る様子は、美しいの一言でした。美しい駅は「美濃」の名前にふさわしいと思いました。かつて使われていた転車台が残り、それが池となって水面の揺らぎを写すさまは、私を魅了してくれました。
かつてこの先に延伸しようとした名残が駅の先まで残っており、行けるところまで歩いてみました。この駅はいつまでも残って欲しいと思います。阿弥陀ヶ滝から帰ってくると終着北濃駅という駅に併設した食事処がやっていて、そこで美味しい料理を頂きました。

この終着駅はまた来たいです。


終着駅といえば、その翌日に訪れた実家近くの甲陽園駅も終着駅です。久々に訪問しました。駅構内に入るのは20数年ぶりでしょうか。マルーンカラーの列車が行き来する様子は、西宮の多様性を体現しています。西宮市民にとって、この駅も市内でも指折りの風情を擁しており、いつまでも残って欲しい駅です。近畿の駅百選にも選ばれています。
燕が巣を作っていたのも好印象でした。


§  今月の酒楽 今月も仕事が忙しい状態で、飲む機会がなかなかありませんでした。
外のお店で呑んだのは千種駅前にある「藤一番 千種店(5/1)」と梅田の阪神バル横丁の「髭寿司(5/5)」。二俣川の「菜々や(5/12)」。新橋の「MEAT&WINE WINEHALL GLAMOUR(5/13)」。さらに新小岩の「Salty Oyster House(5/27)」の五回。前者の四つは普通のビールかハイボールでしたが、後者のお店では牡蠣のお店で白ワインを頂きました。「Il Casone Garganega Chardonnay」シャルドネです。とてもおいしかった。



あと、私は飲まなかったけれど、一緒にいた妻と長女が飲んだのが秦野の「ハダノ浪漫(5/22)」。妻は「GOZENSHU 9」を美味しいと飲んでいましたし、長女は秦野のクラフトビールである「ほうじ茶アンバーエール」を美味しいと満足していました。私はドライバーだったので常陸野ネスト ノン・エールで我慢しましたが、これもなかなかアルコール分がない割には美味しいと思えました。

なお、サテライトオフィスで仕事をした日、近くの秋元商店まで足を延ばし、麦焼酎の「松露黒麦」を買い求めました。これも麦冠に比べると香ばしさが足りないけれど、麦焼酎のおいしさを味わわせてくれました。

他にも何回か家のみを。実家では地元白鹿の山田錦が美味しかった。

§  今月の旅行 今月は、名古屋・岐阜出張を絡めて訪れた美濃太田や北濃・阿弥陀ヶ滝を中心とした滝巡りの旅(5/1-5/3)がハイライトです。
他にも、実家にいる間に訪れた魚崎(5/5)や尼崎(5/5)、甲陽園(5/4)も里心を鎮めてくれました。また、妻と長女と訪れたのは河口湖近辺(5/8)と厚木・伊勢原・秦野の旅(5/22)でしたが、どれも良い旅となりました。

4/30に訪れた安城市内は、安祥城跡もとても味わい深く、安城駅前の図書館や名鉄の碧海古井駅など私を楽しませてくれました。その翌日、お客様に商談前にと連れて行ってもらったのが丈山苑(5/1)です。広大な和風庭園と書院造りの茶を楽しめる広間など、仕事前にとても落ち着いた時間が過ごせました。抹茶と和菓子をいただく優雅な時間。この丈山苑は、私の中に安城という町の印象を決定してくれました。また来たいと思った場所です。

5/1は刈谷駅から東山公園のお客様の元へ移動し、午後はずっと商談でした。なので特に旅らしい旅をはしていません。あえて言うと初めて名古屋駅の在来線ホームのきしめんを食べたことと、千種駅前の藤一番で台湾ラーメンを食べた事ぐらいでしょうか。

この日の夜、東山公園から美濃太田まで移動したのですが、これが夜旅の旅情を私に味わわせてくれました。今まで一度も通ったことのなかった多治見や可児を通過し、夜の寝静まった美濃太田駅に着いたのは21時を過ぎていたと思います。

翌朝(5/2)、お客様の車で工場まで送っていただき、夕方になって再び美濃太田駅まで送り届けていただきました。日没まで少しだけ時間があったので、中山道の太田宿を歩いて散策しました。前夜も暗闇の中の美濃加茂市街を歩いたのですが、空いている店がほとんど見当たりません。この姿に地方都市の厳しい現実を見た気がします。夕方に訪問した太田宿も観光資源としては有望なはずなのに、訪れる人もほぼおらず、さびれた風景だけがありました。

翌日(5/3)は、始発の長良川鉄道に乗り、終点の北濃まで乗りとおしました。
車内に自転車を持ち込む様子やにぎわう列車の様子と美濃太田駅の閑散とした様子を対比させつつ書いたブログが(こちら(鉄道の廃止に物申す))です。北濃駅では地元の鮎の料理に舌鼓をうち、レンタサイクルがなかったので往復14キロの滝までの道を歩いたのは、良い運動になりました。

帰りには列車の停車時間を利用して少しだけ郡上八幡の駅前を歩き、美濃路を存分に堪能しました。美濃太田駅からは大阪まで特急「ひだ」に乗り、ディーゼルカーで大阪に乗り込みましたが、生まれて初めて。これもなかなかできない旅の経験でした。

実家にいる間に訪れたのは、甲陽園のツマガリです。実家の家族や妻子にもお土産を買って帰りました(5/4)。ここは、日本でいちばん大切にしたい会社にも登場するお店です。仕事に役立てようと思って訪問しました。また大阪での最終日は朝から魚崎に行って妻のリクエストであるトミーズのあん食ぱんを買い、ついでにその傍にある浜福鶴の吟醸工房で母の日のプレゼントを母に買って帰りました。その日は長女のイラストを採用して掲示してくれた園田のヘアーサロン ホープさんを訪れたのも上に書いた通りです。

夜は阪神百貨店の下の髭寿司で中学からの親友たちと飲んだことも。


連休が明け、家に戻って数日後には妻の希望で母の日に河口湖を訪れました。山梨宝石博物館と河口湖オルゴールの森美術館です。とても美しい意志の輝きに心を癒したあとは、野乃花と凛を散歩させるため道の駅かつやまと目の前の小海公園を散歩しました。
そして締めはいつも通っているほうとう不動の東恋路店。ほうとうをたっぷりと頂きました。


もう一日のお出かけは、まず妻がアラハバキを祀る神社に詣でたいというので、調べて厚木の小野神社を訪れました。式内社に名前が載っている割には小規模で閑散としていた神社で、アラハバキ神もさびれた摂社にしか祀られていませんでした。
小野神社から少し足を延ばせば、太田道灌の墓所があることに気づき、前々から行きたいと願っていたので立ち寄りました。
するとここで、妻が秦野の出雲大社相模分祀と白笹稲荷神社に行きたいといい、私も初訪問だったのでさらに足を延ばしました。いずれもとても清浄な雰囲気に満ちており、訪れて良かった神社でした。

さらに私の希望で前々から一度は来てみたかった震生湖へ。たくさんのカタツムリにも出会えました。また、美しい湖の様子に心が震えました。


その日の締めは長女が見つけたハダノ浪漫食堂というお店。このお店が当たりで、とてもおいしい料理とお酒と雰囲気に和まされました。全ての線がつながり、一つのミニ旅が完結しました。こういう事前の計画に沿うのではなく、ご縁がつながっていく旅が好みです。


§  今月のその他活動 人生も半分を過ぎ、一層焦りが募っています。少しでも日々に変化をつけようとする気持ちに衰えはありません。
今、心身が動くうちに仕事もプライベートも全力で。その考えには揺るぎがありません。

・公園は十カ所。「丈山苑(5/1)」「太田宿 渡しの広場(5/2)」「小海公園(5/8)」「上野恩賜公園(5/9)」「狛江水辺の楽校(5/14)」「薬師池公園 蓮園(5/15)」「金井遊歩公園(5/16)」「震生湖公園(5/22)」「千鳥ヶ淵公園(5/22)」「鶴亀松公園(5/28)」

・博物館は一カ所。「山梨宝石博物館(5/8)」

・美術館は一カ所。「河口湖オルゴールの森美術館(5/8)」

・駅は四駅。「美濃太田駅(5/1)」「美濃太田駅(5/2)」「北濃駅(5/3)」「甲陽園駅(5/4)」


・滝は四カ所。「阿弥陀ヶ滝(5/3)」「五稜滝(5/3)」「霧ケ滝(5/3)」「魚返橋の滝(5/3)」

・温泉はゼロカ所。
・山はゼロ山。
・酒蔵は二カ所。「御代桜醸造(5/2)」「浜福鶴吟醸工房(5/5)」

・神社は七カ所。「前谷白山神社(5/3)」「日吉神社(5/6)」「七面社(5/7)」「小野神社(5/22)」「出雲大社 相模分祠(5/22)」「祖霊社(5/22)」「白笹稲荷神社(5/22)」


・寺は五カ所。「龍興山 祐泉寺 (美濃三十三観音第27番)(5/2)」「悲願寺(5/3)」「阿弥陀堂(5/3)」「正玄寺(5/5)」「洞昌院(5/22)」


・教会はゼロカ所。
・史跡は九カ所。「丈山苑(5/1)」「太田宿 渡しの広場(5/2)」「旧太田宿本陣門(5/2)」「中山道 太田宿(5/2)」「前谷村定次郎顕彰碑(5/3)」「JR福知山線脱線事故追悼施設 祈りの社(5/5)」「西郷隆盛像(5/9)」「サトウハチロー旧居跡 (文京区弥生)(5/9)」「太田道灌の墓(5/22)」


・遺跡はゼロカ所。
・城は三城。「富松城跡(5/5)」「塚口城跡(5/5)」「成瀬城跡(5/29)」


・灯台はゼロカ所。
・水族館はゼロか所。
・土木遺産はゼロか所。
・マンホールカードは一枚。「岐阜県美濃加茂市(5/2)」
・風景印はゼロ枚。
・御城印はゼロ枚。
・御宿印はゼロ枚。


私がまだ訪れていない場所の多さは無限です。やりたいこと、行きたい場所の多さにめまいがします。
仕事に追われて今月も行けなかった場所のどれほど多いことか。これでは日々に追われてあっという間に老け込んでいくことは間違いありません。
そうしているうちに、加齢によって気力を奪われ、あきらめを自らの自然な感情と勘違いしたまま、かつての欲求を忘れ老いてゆく。これだけは防ぎたいと思っています。

人の明日はわかりません。人気俳優や女優も自死を選び、私も不意の体調不良に襲われ、コロナに感染します。ハイキングが一晩の遭難と化し、人里のすぐそばで死ぬ可能性も体験しました。
いつかやろう、引退してからやろうという姿勢を根本的に見直さねばなりません。もう、未来の社会や環境がどうなっているかわからないからです。そこに老いつつある自らの衰えがかぶさってきます。
生きている今。今を生きているのですから、今、やるべきことをしなければ。後悔だけはしないように。
その姿勢のまま、仕事をこなしながらも、今のうちに時間の合間を見つけ、行けるところに行っておこうと思います。

死ねば全ては無に消えます。
私の経験をいくらブログにアップしても、膨大なデジタルの海の中に溶けて消えます。
それが分かっていても、自分に与えられた生を全力で全うしたいと思います。仕事もプライベートも全力で過ごそうと日々励んでいます。

今は仕事に集中し、好きなことは引退後に。そんな悠長な考えが通用しないことをコロナウィルスは教えてくれました。人生はあっという間に終わってしまう。老いたときに平穏で好きなことができる世の中があるかどうかは誰にも保証されません。一方で、仕事の難しさや面白さも強く感じています。プライベートだけど充実させるのでもなく、仕事だけに人生を捧げるでもなく、その両立を目指す
だからこそ、今のうちから毎日を公私とも全力で生きる、という決意で日々を過ごしています。
コロナだからと閉じこもっている場合ではないのです。
コロナに人生を台無しにされるぐらいなら、一人でも旅を敢行したいと思います。会話は控え、マスクに口と鼻を隠した黙旅を。
咋秋に遭難したように、命をなくしては元も子もないのは当たり前。ですが、何もしないままなら命は枯れてしまいます。

家族との縁も毎月、姿を変えています。仕事もいつかは引退を求められるでしょう。そうなった時にやることがない、とよく話に聞く老残にだけはなりたくないと思っています。
人はいつか死ぬ。コロナウィルスの蔓延はそのことを教えてくれました。何をしても最後には死にます。一昨年の九月に読んだ「「死」とは何か」という本には死生観を持つことの大切さが書かれていました。昨年の九月にはそれに加えて沢庵和尚の生涯から権力にこびず、わが道を行く生き方を学びました。

一方で、具体的に将来のこともそろそろ考えねばなりません。
法人のまとめに書いた通り、コロナに席巻された世の中ですが、弊社の売り上げはなんとか確保できています。
ただ、私個人としては投資もしておらず、賭け事もしていません。不労所得のタネも持っていません。
私が倒れた時、うちのメンバーが稼げるところまでは頑張らねば。

それぞれの場所で俳句も読みました。今月は俳句を23句。川柳を1句。いずれもツイートまとめに載せています。

あらためて「私」を振り返ってみました。来月もコロナと共存しつつ、自らの生に後悔のないような日々となることを信じて。


2022年5月のまとめ(法人)


令和四年五月。

コロナウイルスが収束へと向かいつつあります。来月からは海外からの観光客受け入れも再開されるそうです。
めでたいことですね。これを機会に、苦しんだ業界の方が救われることを願っています。

一方でウクライナへのロシア侵攻は泥沼化しており、胸が痛みます。

海外のニュースが報道される一方で、交流が断絶された現状。それは、私たちに国内の閉じた環境を意識させてくれました。そしてわが国のIT業界がまだ国内需要だけで案件が創出されていること。それはとても恵まれたことであり、引き続き国内で閉じた環境の中、システム構築を進めていけば生き残れるかもしれない、という期待を掻き立ててくれます。

ですが、その現状に安住するのは危険です。
それにはどうしなければならないのか。
まだまだ課題は山積みです。

昨年の反省を真摯に踏まえ、今年から心機一転してさまざまな活動に取り掛かっています。
それらが早くも成果を出してくれそうですが、逆に案件が積み重なっており、それが逆にリスクにもなりつつあります。

達成度6割。達成感6割。満足感6割。それが今月の代表自身の自己採点です。

幸先がよかったとはいえ、その状況に甘んじず、足元を固めて進みたいと思います。
弊社とご縁をいただいたすべての方々に感謝します。ありがとうございました。

●弊社の業績

§ 総括 五月度の売上も目標額は超えました。
それよりも今月のトピックは、弊社の財務面の管理を強化したことです。
具体的には大量の領収書を毎月のタイミングでスキャナで取り込む運用を始めました。それをfreeeで簡単に仕訳計上できるようにしました。
具体的にはnoteに以下の記事を書いております。
5月25日 システムの粗利率を反省する|Yoshikazu Nagai(長井 祥和)|note

今までのどんぶり勘定を抜本的にやめるため、月単位できちんと費用(外注費・人件費)と売り上げのバランスをとりながら経営したいと思います。今までやっていなかったことがあり得なかったのですが。今後、きちんとした会社にするために欠かせないプロセスです。

お陰様で今月もいくつかの引き合いを頂きました。2,3月に比べると数は減りましたが、本当にありがたいことです。

三月から、SESの形態で、弊社メンバーに一人加わってもらっています。また、昨年の年初から加わってくれていたメンバーも今月から正社員として働いてくれています。二人とも新たな環境で頑張ってくれています。

私抜きでお客様への対応も行って頂いており、正社員になってくれたメンバーは某社にて週一、二度の常駐作業をこなしてくれています。別のお客様の案件にもほぼ一人で対応してくれるようになり、お客様から感謝の御言葉を頂けるまでになりました。

お陰で、kintoneの中だけで完結できるような案件については、うちのメンバーだけで回りつつあります。代表が打ち合わせで出られないときは、うちのメンバーだけでお客様と打ち合わせられる体制も作れるようになっています。

ただ、案件の量からすると、メンバーの開発速度がついていけていない状況は否めません。そのため、来月から増員を検討しています。

kintoneだけで回せるような案件はどちらかというと小規模です。弊社としては、大きな案件も引き受けていかなければなりません。
弊社の価値とはkintoneを他のPaaS/SaaSと連携させることにあります。その一つの到達点として、弊社独自のサービスを立ち上げる事を着想しました。

それが実り、先月はスマレジアプリコンテストで佳作を頂けました。佳作といっても全20アプリの中の3位ですから、自信をもってよいかもしれません。今月はその授賞式にも出席する栄誉をいただきました。
スマレジアプリコンテストで佳作をいただきました | Case Of Akvabit

そうした他のPaaSやPaaSとkintoneを連携するにあたっては、全体の設計や細部の構築が必要です。これらを担うための代表のリソースは足りていません。新たな案件を次々と頂いている今、その対応に追われてしまっています。
引き合いを次々と受けても、それに耐えられる様な開発スピードを確保しなければ。昨年、なかなかうまく行かずに苦しんだ経験を活かし、メンバーに対する教えを強化していきます。

今月は弊社にとって以下のようなトピックがありました。
・弊社が応募した「チェアサイドレジ」が第二回スマレジアプリコンテストで佳作を受賞し、授賞式に出席しました。
・経理処理や仕訳入力処理をfreeeとScanSnapを組み合わせた方式に変更しました。

実績を出しつつ、日常も充実させるための工夫。それらは全て、代表の求めるワークライフバランスの実現につながってゆくと信じています。


§ 業務パートナー 今年からサテライトオフィスにて弊社メンバーに対して対面開発をして教える。そう決めたことで、サテライトオフィスへの訪問頻度を増やすと決めました。
ただ、今月は新たなSES案件が始まり、私とメンバーがその常駐現場に行く機会が多かったため、サテライトオフィスに行く機会は減っています。
5月は最終週になってようやく初めて顔を合わせられたので、その場で今後の協業関係についての打ち合わせを行いました。

今、経理や財務諸表の見直しを行っていて、外注費についてはSES業界の割合で設定していた失敗がありました。それを含めてパートナーさんとの外注費も見直す件、その打ち合わせの場でも伝えました。その分、業務を単に丸投げしてしまうことは慎みます。丸投げは弊社のノウハウにならないばかりか、外注比率を挙げざる得なくなり、財務諸表への悪影響にも繋がります。
そのため、外注する場合も弊社がなるべく関わるような体制をとりたいと考えています。

昨年末に、代表が自分にかけていたいくつかの心理のブロックを外しました。例えばオフショア開発、常駐、サービス開発などです。引き続きこの方向に進んでいきます。
外したブロックの中には、業務パートナーとの関係性も含めています。また、助成金には頼らないというものもあります。ですが、弊社が先月IT導入支援事業者に採択されたことから、助成金を使いたいというお客様が増えています。その手続きや申請は、弊社が行うべき業務ではないと判断し、コンサルティング会社様と契約を締結し、第二次申請に間に合うような手続きを行って頂いています。

§ 開発案件 今月は九割の開発案件がkintoneがらみでした。
ありがたいことに2,3,4月に連日のように新たな案件のお引き合いをいただきました。今月はその実装作業や準備に注力しています。それでもまだ、週一、二件の割合で新たな案件のお話を頂いています。これも、今までの露出の効果でしょう。

先月から某士業様の案件での並走開発は次のフェーズに向けて受注を頂きました。また、4月から始まったSES案件も順調です。その他、某団体様のセキュリティ講師やコンサルティングの作業やその他諸作業にもめどがつきました。

今、動いている案件が30社様ほど。他にも二ダースほど案件が動いています。それらをどのようにこなしていくかが課題になっています。
取り扱うシステムはkintoneをベースにGmail、Google Calendar、Zoom、HubSpot、ChatWork、Slack、freee、freeeサイン、マネーフォワード、スマレジ、LINE、Benchmark、box、Stores、請求管理ロボ、各種CMS、
案件によってはパートナー社や技術者さんと一緒にしながら、私や弊社の技術顧問の方も実装に取り組みながら。

ただ、経営者がワーカーとしてに奔走していては社の発展は望めません。
代表が経営に時間を割けなくなると、大所が見えなくなり経営上のリスクとなります。
弊社の発展を進めるためにも、ここを早く何とかしないと。

来月も、弊社メンバーの教育も兼ねた案件に注力していく予定です。

§ 財務基盤の堅牢化 財務をきっちりすること。前からの課題です。
弊社としては問題ないのに、家計が絡むととたんに脆弱になる。
この点は弊社の長年の課題でした。

ようやく、昨年の夏のコロナ感染がきっかけに苦しんだ状況に解決の光が見えてきました。また、健全な経営は財務をきっちりしてこそです。今月から毎月の費用をきちんと把握できるように毎月の領収書をスキャナで取り込み、それをfreeeに渡すための仕組みに切り替えました。

また、東京都中小企業振興公社の人財アドバイザーの方に昨年末よりアドバイスを受けています。この方から五年後の弊社体制のありたい姿を作るように言われ、作成しています。また、五年間の財務諸表の推移を計画する作業も税理士の先生にも見てもらいながら取り組んでいます。弊社代表にとって苦手な作業ですが、これを機会に改めて取り組まなければと進めています。

§ 社内体制 昨年の師走の初めに、一年前に作成した社是、企業理念、経営理念やスローガンを見直しました。メンバーが離任した理由に、肝心な部分の価値観のずれがあったためです。そこで年始にあたり、三人でもう一度忌憚のない意見を交わしながら、それらを練り直しました。以下に掲示します。

企業理念
「情報技術を生かして、
正直に、飾らずに、自分、家族、パートナー、お客様、地域に寄り添う」

経営理念
「一期一会の儲けよりお互いが継続して協業できる幸せを」

9つ(ナイン)の「ない」
「組織図はない」
「タイムカードない」
「ノルマは設けない」
「多数決で決めない」
「社長室は作らない」
「肩書きもいらない」
「皆が経営者の行い」
「定年は強制しない」
「雑談は惜しみない」

アクアビットに合う方
「家族を大切にする気持ちのある方」
「仲間を大切にできる方」
「笑顔のある方」
「まず肯定から入る方」
「夢を持ち続ける方」
「人の話を聴ける方」
「人間が好きな方」
「可能性を信じる方」
「自分が好きな方」
「自分で仕事を見つける方」
「会社に滅私奉公せず公私を大切にする方」

メンバーの募集を出した時と考え方の軸はぶれていません。

昨年の師走より、東京都中小企業振興公社の方に人財制度についてのアドバイスを受けています。
そのアドバイザーの方から作成するようにと指示された、5年後の弊社を見据えた改善案は、メンバーにも見せて説明もしています。今後の財務諸表の推移についても見せながら、全員が当事者意識を持つようにしています。

弊社メンバーは、まだ技術的なスキルの習得に目一杯で、なかなか経営的な視点に気を回すレベルには至れていません。少しずつ進歩はしているので、引き続き焦らずに教えていくつもりです。
まずはスキル面の評価と人事面の評価を別に行う体制を作りながら、弊社の体制を良いものに磨いていこうと思います。

3月の半ばよりメンバーに一人、SES形態で参加してもらっています。紹介予定派遣なので、いずれは正社員登用も視野においています。同じ会社からはまた別の技術者の提案ももらっており、来月に面談を行う予定です。
また、パートナー会社の方に専任で関与してもらうことも考えています。それを踏まえると、7月からは6名体制になるかもしれません。
そのためにも、毎週週明けに行っているオンラインの打ち合わせや、顔を合わせた打ち合わせは引き続き行っていくつもりです。
昨年に犯した失敗の反省を踏まえ、慎重に、かつ大胆に果断に経営していきたいと思います。

§ 人脈の構築 今月は外出や打ち合わせを何度も行い、リアル商談を数多く行いました。
リアル商談は13回、お客様との打ち合わせを行いました。オンライン商談はざっと数えたところ約25回ほどです。他にも半SESのお客様での打ち合わせもあります。
今月、頂戴した名刺は19枚です。

また、スマレジアプリコンテストの受賞を通じて、スマレジ業界にも知己の方を作れたことは大きいと思います。
来月もまた弊社代表が登壇する機会があります。楽しみにしています。
引き続きよろしくお願いいたします。

§  対外活動 今月はこちらのイベントに参加しました。LINE BIZ DAY 2022(5/18)。第二回スマレジアプリコンテスト授賞式(5/26)。Cybozu パートナーミーティング 2022 Spring(5/30)

今月は、作業に忙しく、オンラインイベントにもなかなか参加できませんでした。ただ、この二つは業務や案件にも関わることと、後者は弊社にとっても栄誉であり、参加させていただきました。

今年に入ってから、発信の機会を増やすため、noteの投稿を始めています。毎営業日に記事をアップしています。これは2年ほど前から弊社とパートナー会社向けのSlackに毎朝アップしていた「朝の雑感」を二日遅らせて外部向けに書き直したものです。

弊社の開発や記事執筆のお仕事はこうした対外活動から生まれています。代表自身による新たな交流を発信することは絶対に怠ってはならないと肝に銘じています。

きっと、必ずや、コロナは小康状態に落ち着くと信じ、また皆様と交流を深めたいと思っています。
まずは今月の弊社と関わっていただいた皆様、誠にありがとうございました。

§ 執筆活動 以前に連載していたCarry Meさんが運用する本音採用サイトの「アクアビット 航海記」を弊社サイトにアップし直す作業ですが、今月は1本アップしました。
(「アクアビット航海記 vol.43〜航海記 その27」)
新たな会社に入るための準備で、ウイルスに荒らされ、管理がないがしろにされた環境で、情報機器管理の大切さを学んだことを書いています。

今月、書いた本のレビューは1本(
賊将

今月、書いた抱負は0本() 。
今月、書いた旅日記は0本() 。
今月、書いた物申すは1本(
鉄道の廃止に物申す
) 。
今月、書いた弊社の活動ブログは1本(
スマレジアプリコンテストで佳作をいただきました
) 。
今月、書いた弊社の技術ブログは0本()。

なお、先月から毎営業日にnoteに書き始めた記事ですが、今月は以下の内容をアップしました。

4月28日 経営は事故を常に想定する
4月29日 コロナに対する態度は未定。
5月2日  発信とは、長く継続的に地道に
5月3日  聞く力を養うと案件に繋がる
5月4日  真っ当な経営こそが繁盛の元
5月6日  個人に責任を負わせる事の弊害
5月7日  過去をモチベーションの源泉に
5月9日  情報技術の適切な使い道とは
5月10日 情報の取捨選択の訓練を行う
5月11日 一社に依存しないためにやる事
5月12日 自社の長所短所を把握する
5月13日 Googleイマーシブビュー!
5月16日 人工知能による政治の可能性
5月17日 軍用技術と民間技術の境目は
5月18日 契約先の実在確認の必要性
5月19日 電子書籍の普及が進みますが。
5月20日 目的を持つことは尊く困難
5月23日 自主的に学ぶ風潮を育てる事
5月24日 自社サービスの新たな挑戦。
5月25日 システムの粗利率を反省する
5月26日 古い技術を嗤うのではなく

§ 年表

・五月お仕事

安城市にて商談、お客様に丈山苑に連れて行っていただく、東山公園にて商談、美濃太田にて視察・商談、二俣川にて作業・打ち合わせ×6、JR秋葉原駅コンコースでリモート商談、御徒町で商談、御徒町のCreateaで作業、新小岩で作業・商談・会議×2、新小岩のジョナサンでリモート商談、町田税務署で手続き、町田市役所で手続き、鶴川駅前図書館で作業、bizstation新橋で打ち合わせ×2、和光市駅のスターバックスで作業、新座で視察・商談、Kitacos Cafe & Gardenで打ち合わせとオンライン商談と作業、武蔵小杉Starbucksでリモート商談と作業、二俣川EKITERIA PRONTOでリモート商談×2、スマレジ東京ショールームで授賞式、サテライトオフィスで作業と打ち合わせ×2

§ ツイートまとめ
・五月ツイート

https://togetter.com/li/1894624


スマレジアプリコンテストで佳作をいただきました


弊社の応募した「チェアサイドレジ」が第二回スマレジアプリコンテストで佳作をいただきました。
まずはこのような機会を作っていただいた上に、受賞の栄誉までくださったスマレジ社の皆様と審査員の先生方に御礼を申し上げます。

今回、応募したきっかけ。それは、昨年11/26に行われた「スマレジDevelopers Day」への参加でした。コロナでオンラインイベントが続く中、Cybozu Daysを除けば久しぶりのリアルイベントがこの「スマレジDevelopers Day」でした。(サイト)
会場では、第一回のスマレジアプリコンテストのグランプリ受賞者である大幸パートナーズさんが登壇されました。アプリ受賞にあたっての苦労など、スマレジアプリの作成にあたってのノウハウが聞けました。また、主催のスマレジ社からは、スマレジアプリストアの目的や意義についてのお話がありました。その中には、技術者にとってオープンな場を作りたいとの思いがこもっていました。


この中で、第二回スマレジアプリコンテストの募集要項も発表されました。
大幸パートナーズさんの受賞アプリであるcleeeanで実現した機能に感心し、スマレジアプリの仕組みにうなずく私。
その時、私の中にひらめきが降りてきました。
「これ、うちのココデンでも入れられるんちゃう?」と。
矯正歯科にスマレジを導入し、それをkintoneとつなぐ。その場でアプリの連携や構成が頭の中であらかた組み上げられてしまいました。

この頃、私の精神状態は結構参っていました。
それはCybozu Days 2021の出展によって弊社のメンバーと私の価値にずれが発覚したためでした。
人を雇うことの難しさ、経営の奥深さ。
Cybozu Daysではあえて私は経営者として裏方に徹しました。出展するコンテンツの開発も弊社メンバーか協力会社の技術者に委ねました。皆さんの頑張りもあって、Cybozu Daysでは並み居るブースの中で一定の存在感は出せました。成果はあったと思います。

その一方で、Cybozu Daysでは自分の技術者としての証しを封印してまで経営者に徹しようとしたのに、経営者としての能力に自信をなくしてしまった自分がいました。
このまま技術者として衰えていってもよいのか。自己研鑽はしなくても良いのか。技術者としてコンテンツを作る気概は残っていないのか。そんな葛藤と向き合う日々でした。

悩む日々の中で、自分の技術者・経営者としての長所や短所を見直しました。
見直す中で長所に挙がったこと。それは、私の妻が10年前から矯正歯科医院、ココデンこと、ココデンタルクリニックを経営していることです。
世の中には多くの技術者がいます。ですが、妻が歯科医で診療所を経営している技術者はあまりいないはず。その点、私は他の技術者に比べて恵まれているのかもしれません。

ココデンの開業や経営にあたっては、かなりの苦しみと苦労と試練がありました。私は妻の苦労をすぐそばで見ていました。また、歯科経営が家計に与える苦しみを共有しました。
ところが私がココデンの開院にあたって担った作業は、LINE/Facebookページの開設や初代のホームページ作成のみです。診療所のシステムに関する領域には一切関わりませんでした。
なぜ関わらなかったのか。それは、当初の開院時から電子カルテのシステムが業者によって導入されていたからです。それはスタンドアローンのサーバーで動いていました。ですが、アナログな妻はシステムを患者さんの口内写真の保存のみにしか使っていませんでした。
受付も雇っていないため、全ての業務は、妻がワンオペかつアナログ作業で回していました。
患者さんの診断カルテは手書き。支払い授受も現金による手渡し、またはCAFIS端末を利用したクレジットカード決済。
つまり、ココデンにはシステムを導入する余地がなく、私が関わる余地もなかったのです。

開院以来10年、経営で十分に苦しみ、試行錯誤を重ねてきたおかげか、ここに来て患者さんがコンスタントに来るようになりました。少しずつ経営も好転する兆しが見えてきました。
それとともに、妻も年齢を重ねてきました。ワンオペをいつまでも続けるのはしんどい。今回の機会に思い切ってシステムを取り入れるよう、妻を説き伏せられるかもしれない。
また、経営者として反省する中で、自社サービスの開発が必要ではないか、と課題を感じていました。

「スマレジDevelopers Day」の会場で私の脳裏に湧いた着想とは、こんな感じでした。
自分一人で開発し、その成果をスマレジアプリコンテストに応募してみよう!

今年の正月の三日間は、休みを取らずにシカレジ(仮称)の企画や構想に充てました。
正月が明けても、わたしの中からスマレジアプリコンテストへの思いは去りません。
政府の統計情報が蓄積されているサイトを何度も訪問して統計情報を分析しました。図書館では分厚い統計情報の本のページを繰りました。本屋に行くたびに歯科経営の専門書コーナーで長い間立ち読みして知識を蓄えました。
そうした作業の甲斐があって、少しずつシカレジに必要な項目や連携すべき点、オペレーションで改善すべき点について学ぶことができました。
もちろん妻にはどういう項目が必要かを聞きました。受付の運用なども見聞しました。また、妻の弟が埼玉県で歯科医院を経営しているので、訪問して電子カルテシステムの内容を見せてもらいました。

こうした作業から感じたのは、今まで私が有利な立場を活かしていなかったことです。目の前に歯科経営の教材があり、それを技術者・経営者としての糧にできたはずなのに、何の成果も得ていなかったこと。私はとてももったいない日々を過ごしていました。

1月はそんな風に過ぎていきました。開発にも取り掛かっていて、kintone内部やスマレジとの連携はうまく行きそう。
そんな中、1月の半ばにスマレジ社のご担当者様からいただいたのは、患者さん向けの情報ページをLINE ミニアプリで実装してみないかというお話です。
さらに、妻からはシカレジはダサいから、名前をチェアサイドレジに変えたほうがいいんじゃない?という提案まで。

ここでシカレジ、あらためチェアサイドレジについて概要を説明します。

チェアサイドレジの中で、患者さんが診療情報を確認する手段として私が考えていたのは、ウェブサーバーに認証付のページをおくことでした。
CMSでページを構築し、それをkintoneやスマレジと連動する。それらを連携する開発は経験済みなので可能。それが私の当初の目論見でした。
ところが、ここでLINEミニアプリという提案が登場します。私は、この時にご提案をいただくまでLINEミニアプリのことを全く知りませんでした。そもそもLINEと連動させるシステムすら全くご縁がなく、未経験でした。
でも、LINEのユーザー認証を取り入れられれば、セキュリティはさらに強化できそうです。セキュリティだけが弱いと感じていたので。残り時間は少ないけれど、チャレンジしてみよう、と決断しました。

ところが間の悪いことに、1月の末頃から本業の方で案件の引き合いを連日のようにいただくようになりました。
案件が来ると私が対応しなければなりません。要件定義やヒアリング、さらには上流工程などの調整。一方では既存の案件のコーディングの指導や指示を弊社メンバーに行います。案件の難易度によっては私が手を動かす必要が生じます。その合間には機密保持契約や基本契約の締結を行い、見積書や請求書の提示などの作業もこなします。もちろん経理業務や雑務も頻繁に発生します。それらが怒涛のように一気に押し寄せてきました。
私からチェアサイドレジに携わる時間が顕著に奪われていきます。

そのような案件の活況は、第二回スマレジアプリコンテストの締め切りの3月末どころか4月半ばまで続きました。
そのような状況に追われる中、私は正直、3月初旬の時点ではもう応募すらできまい、と半ばあきらめかけていました。
でも、気力を出し、わずかな合間に資料やアプリをまとめて応募にこぎつけられました。妻がロゴの原案を考え、イラストレーターの長女がそれをロゴデータにしてくれました。

受賞した時の思いは、この記事の中にも書いています。

率直に打ち明けると、「スマレジDevelopers Day」の時点で、私はヤマっ気を持っていました。
雇用やコロナ感染によって悪化してしまった財務状況を、スマレジアプリコンテストでグランプリをとることによって解消しようという欲。
ところが、案件の引き合いが増える中で、なんとか財務を持ち直すことに成功しつつありました。
そのため、4月の末にスマレジアプリコンテストで佳作を受賞したご連絡をもらった時、グランプリの1000万円を逃した悔しさはありませんでした。純粋にアプリが評価されたことへの感謝だけがありました。

5/26には第二回スマレジアプリコンテストの授賞式がありました。
最初のユーザーはココデンタルクリニック、つまり妻を予定しています。そのため、妻にはきちんとスマレジの仕組みを知ってもらう必要があります。そこで一緒に授賞式に来てもらいました。



授賞式は動画配信の予定があったのですが、機材のトラブルによって、私が登場するのは講評の部分からです。
ただし、妻が動画を撮影してくれていました。

なお、この時のスピーチで私は大したことを話していません。
むしろ、この後の座談会で話したことのほうが重要です。ただし、残念なことに動画は残っていません。
座談会では、各社さんの応募したアプリの工夫や思いも伺えました。また、店舗に訴求するスマレジの可能性を感じました。店舗オペレーションに特化したスマレジをkintoneが補完できる可能性も含めて。
弊社の価値は、kintoneの中だけに閉じていては発揮できません。kintoneをベースにした、他のPaaS/SaaSと連携するところにあると確信しています。

まだまだチェアサイドレジには直すべきところが残っています。それはこの記事でも書いた通りです。
これは私が引き続き開発していきます。自分でやるべきタスクだと思っています。
上に書いた通り、私自身に技術者としての可能性が尽きていないことの証し。それがこのチェアサイドレジだと信じているからです。

そして、弊社の将来のことを考えると、自社サービスの展開にチャレンジし経験を積んでおくことは、将来への布石としてやらなければいけないことももちろんです。

それらも含めて弊社にとってはとても重要な受賞だったと思います。
あらためて授賞式に来てくださった方、皆様、スマレジ社、審査員の皆様、ありがとうございました。


2022年4月のまとめ(個人)


公私の「私」

●家族とのふれあい

§  総括 

ウクライナへの侵攻や北朝鮮の動静、さらに一向に収まる様子のないコロナウイルスなどが世を騒がせています。

そんな中、おかげさまで仕事は順調です。商談の機会を複数いただけているので、商談のついでにあちこちを訪れ、放浪癖を満たす毎日です。ただし、仕事込みなので道中は旅情に浸る間がないほどやりとりに追われていますが。

仕事に追われながらも、私はその合間に自分のしたいことができるような状況が実現できつつあります。が、そろそろ体力と気力、知力にわずかずつですが衰えが生じていることを自覚しています。
私は仕事以外にもやりたいことをたくさん持っています。自分に残された時間の中で、それらがどれぐらいできるのだろうと考える日々です。

一昨年の九月に読んだ「死」についての分厚い本の内容を脳内で反芻しつつ、生きる意味を問い続ける毎日です。今月はその読んだ本のレビューをアップすることができました。
人生は有限であり、残された時間はわずかです。無数の生がそれぞれの運命のもと、懸命に毎日を生きようとしています。
そんな中、知床岬を遊覧する船の沈没事故が起きました。将来が有為な方が巻き込まれ、命を落とす現実。世の無情と人の生の儚さを感じます。

私の人生もいつどこで突然の幕引きを迎えるかもしれません。昨年の下半期に切実に感じた生死に関する危機感。それを公私ともに忘れぬようにしながら日々を送ろうと思います。

今月は次女がいよいよ社会人になり、連日夜中に帰宅しています。酔客の後始末で朝方まで警察対応をし、仕事でも叱られ、早くも社会人の洗礼を浴びているようです。
私たち夫婦も何度か娘の家に行き、娘も家に帰ってきては疲れを癒す毎日です。
娘たちには、それぞれの人生を全うしてほしいと願う日々を過ごしています。

娘たちが新たな環境で人生を戦うようになったことも月日の経過の表れです。限られた人生の中で家族との時間を大切にしながら、自分に与えられた可能性と時間を精一杯使い切りたいと思います。

今月は家族とは三回お出かけしました。妻とは一回、妻と長女とは五回、妻と次女とはゼロ回、長女とはゼロ回、次女とは一回。

§  月表

・四月お出かけ

代々木PAKABOCHAニトリヤマダ電機 テックランド狛江店セブンイレブン 稲城百村店カワチ薬品 多摩ニュータウン店スシロー、赤の広場、IBARAKI Sense、まるごと高知、東京交通会館、ぼっけもん、泉龍禅寺、大龍飯店、神奈川駅 (KK36)、幸ヶ谷公園、カラオケ館 野毛店、野毛とんちゃん本店、野毛の呑処 蔵魂、IKEAIKEAレストラン&カフェ、春日神社、サンドラッグ 町田野津田店サイゼリヤ、八街駅、佐倉駅、ラーメン山岡家、佐倉市武家屋敷、旧武居家住宅、児玉源太郎旧宅跡、旧但馬家住宅、旧河原家住宅、修静居 跡、ひよどり坂、大手門跡、空堀、佐倉城址公園、堀田正睦公像、タウンゼント ハリス像、正岡子規歌碑、佐倉城の夫婦モッコク、佐倉城天守跡、本丸跡、佐倉城址公園センター、香取秀真おいたちの地、麻賀多神社、八街駅、カレー屋ボングー、鶴川駅前図書館、星のうどん庵、畠山重忠公遺烈碑、江戸川区役所、ラーメン味ノ仙、東小松川 香取神社、下町浪漫、七国山ファーマーズセンター、薬師池公園 蓮園、サンドラッグ 町田野津田店セブンイレブン 稲城中央橋前店マクドナルド、百代橋、松尾芭蕉文学碑、伝統産業展示室 ぱりっせ、札場河岸公園、松尾芭蕉像、草加宿芭蕉庵、神明宮、しゃぶしゃぶ温野菜 草加店、ファミリーマート 草加二丁目店、草加せんべい 堀井商店、東福寺、おせん茶屋公園、草加宿 清水本陣跡、草加マルイ、リンガーハット、うえむらや、讃岐うどん かいとサニーサイドキッチン森戸神社畜霊社水天宮おせき稲荷社飛柏槇(ひびゃくしん)千貫松農産物直売所 すかなごっそリバイバルカフェ、和田義盛旧里碑跡、和田八雲神社、Kitacos Cafe & Garden、アールべーカリー、Pocket Mart、アンフォーレ、安祥城跡、安祥城址公園、安祥城址、安城市歴史博物館、碧海古井駅、北京本店

・四月ツイート
https://togetter.com/li/1879822

§  家族とのお出かけ 家族で出かけたのは、上の年表で黄地に太字にしているイベントです。家族で出かけたのは、今月は三回です。

次女が仕事を始めたのは4/1です。初のお休みは4/3・4/4でした。なので娘の家に迎えに行きました(4/3)。その帰りに町田まで帰る途中、三軒茶屋の近くの世田谷通り沿いにあったカボチャがあしらわれたお店。このお店を目ざとく見つけた長女が行きたいと。それで訪れたこのお店はカボチャを使ったケーキが売られていました。とてもおいしかった。
その日はその後回転すしを食べました。
その翌週は次女を家に送る途中で近所のお店でイタリアンの夕食を食べました(4/11)。
さらにその翌週にも次女の家に迎えに行きました(4/17)。その時は夜も遅かったので代々木のマクドナルドによって帰りました。

次女は休みのたびに家に帰ってきてくれています。少しでも休まる家になればと思います。
そういえば、家族でお好み焼きを食べたのですが、次女が私のために焼いてくれたお好み焼きはとてもおいしかった。



§  妻とのお出かけ 妻と出かけたのは、上の年表で桃地に太字にしているイベントです。今月は妻と二人で一回出かけました。

海が見たいという妻の希望をかなえるため、雨の中を三浦半島の西側をドライブしました(4/24)。
まず、検索して見つけたSUNNY SIDE KITCHENへ。こちらはハンバーガーのお店ですが。程よくアメリカンな装いの店内で出された飲み物とハンバーガーはとてもおいしかったです。
その後、森戸神社に参拝し、そのあたりの海辺を散策しました。ここは源頼朝公ゆかりの神社であり、鎌倉殿の13人の放映内容とあいまって興味深い場所でした。

すかなごっそという農協の農産物販売所では野菜や肉や魚をたくさん購入し、その後はREVIVAL CAFEというクラシックカーに関するグッズがたくさん飾られたCaféでのんびりした時間を過ごしました。このカフェ、とても居心地がよく、このままここで寝てもよいなあと思ったぐらいでした。
わずかなお休みの日にふさわしい休息がとれました。



§  妻と長女とのお出かけ 妻と長女と出かけたのは、上の年表で緑地に太字にしているイベントです。今月は妻と長女との三人で出かける機会は五回ありました。

まず三人で次女の家に向かいました(4/3)。その途中に立ち寄ったのは首都高速の代々木PA。次女と合流した後は上に書いた通りです。
その次の週は三人でIKEA港北に行きました(4/10)。スウェーデンの料理を楽しみ、家具やインテリアの数々を購入しました。
さらにその次の週は、次女を迎えに行きました(4/17)。
また別の日には近所のリンガーハットに夕食を食べに(4/21)。
また別の日には近所のうどん屋さんへ(4/23)。


§  妻と次女とのお出かけ  妻と次女と出かけたのは、上の年表で緑地に太字にしているイベントです。今月は妻と次女の三人で出かける機会はありませんでした。

ですが、今後はこの三人で出かけられる機会はなかなかなさそうです。

§  娘たちとのお出かけ  娘たちと出かけたのは、上の年表で青地に太字にしているイベントです。

次女とは家族で出かけた際、合間に二人で行動する機会が二回ありました。4/3にカボチャのケーキ屋さんを訪れた後、狛江のニトリに寄ったのですが、ここのヤマダ電機の店内を娘と二人で巡りました。プロジェクターを探しました。テレビを買わない次女はプロジェクターを設置したいそうです。その後も回転すしに行く前にドラッグストアに二人で入りました。

コロナウイルス。ウクライナ。成人年齢の引き下げ。娘たちは変化の時代に生まれついています。
気の毒とは思いますが、そこで何をするかで人生は変わってきます。そもそも安定の時代など、幻想でしかありません。
不満だらけの日々だと思いますが、そこから歯を食いしばって生きていってほしいと思います。

今月は長女が手掛けた看板が尼崎の園田の理容店に掲げられました。タカラヅカ関連の作品なのであまり表に出せなかったのですが、実績として挙げられるイラストが出来たのは喜ばしいことです。

●私自身の四月(交友関係)

§  関西の交流関係 今月はあまり交流はなかったのですが、来月は久々に関西に帰ろうと思います。

§  今月の交流 今月は何度も対面による商談の機会がありました。
ただ、プライベートを含めた機会はそれほどありません。
特筆すべきは桜木町の商談の後でしょうか。一緒に商談に臨んだ技術者さんと飲もうという話になりました。飲む前に私が別のお客様とオンライン打ち合わせがあったため、野毛のカラオケ館に入り、商談を済ませたあとに何曲か歌いました。
その後、野毛の酒場の雰囲気を楽しみながら二軒のお店をはしごしたのですが、二件目のお店を出た時点で帰りの電車が無くなってしまいました。そこで、私のソウルメイトが桜木町を起点にタクシーの運転手をしているので連絡したところ、送ってくれることになりました。コロナになってから初の再会を楽しみながら、家まで送ってもらいました(4/9)。

今月は仕事に偏った月だったと思いますが、合間にこうした出来事があったのは良かったです。
月末にもお客様がお連れしてくださった安城の北京本店の北京飯とビールがとてもおいしい一夜でした。感謝ですね。


●私自身の四月(文化活動)

§  今月のブログ 読んだ本のレビューを記す読ん読ブログの執筆は、主に2020年に読んだ7冊分となりました。
レビュー執筆は、私の中では大切なライフワークとして位置付けています。ですが、このところ、書く時間があまり取れていません。読んでから原稿をアップするまでの時間も一年六カ月以上がたっています。
はやくおくれを取り戻したいと危機感を持っています。質を落とさずにこの期間を縮めたい。それが去年に引き続いての課題です。書く行為への熱意は衰えていませんので、引き続き続けたいです。

以前に連載していたCarry Meさんの運用する本音採用サイトの「アクアビット 航海記」を弊社サイトにアップする作業ですが、今月は1本アップしました。
(「アクアビット航海記 vol.42〜航海記 その26」)
東京に出てきた私が最初の転職に至るまでを書いています。

今月、書いた本のレビューは7本(
無頼のススメ
「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
真田三代 上
真田三代 下
怒る富士 上
怒る富士 下
サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

今月、書いた抱負は0本() 。
今月、書いた旅日記は0本() 。
今月、書いた物申すは0本() 。
今月、書いた弊社の活動ブログは0本() 。
今月、書いた弊社の技術ブログは0本()。

なお、先月から毎営業日にnoteに書き始めた記事ですが、今月は以下の内容をアップしました。
3月30日 手続き型組織と個人の裁量
4月1日  ポジティブ思考にはリスクの備え
4月4日  仕事へ誇りを持つことは大切
4月5日  契約をなぜ取り交わすのでしょうか
4月6日  皆さんは今情報処理革命の当事者
4月7日  さらなる通勤混雑の緩和を!
4月8日  MLBの年俸は日本と桁違い
4月11日 野球のすごさを感じた一日
4月12日 イラストレーターの道も険しい
4月13日 働き方を考えるためのイベント
4月14日 地方の幹線すら廃止の現実
4月15日 わが国の有事を想定せねば
4月18日 合理的に、精神的に鍛錬する事
4月19日 電子メールの限界が来ている
4月20日 技術者は立ち止まると終わる
4月21日 目標を公私で持つと良いです
4月22日 本人確認の認証基盤は要注目
4月25日 周りの成功に目移りしないこと
4月26日 自分の強みを再度考えた成果
4月27日 コワーキングスペースの今

§  今月の読書 今月は9.5冊の本を読みました。内訳は、ビジネス書0.5冊、歴史本一冊。歴史小説一冊。小説七冊。

今月は移動が多かったため、多少は本が読めました。

私が昨年の年始に掲げた目標の一つは本を出版することですが、一昨年の11月に一緒に飲んだ方がそうした伝や知識を持っている方であり、必ず本を出版するとの思いは増すばかりです。
今年は、その準備も進めています。


§  今月の映画 今月の映画鑑賞は0本です。
今年は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を全て見ようと決意しています。今のところ第十六回まで全て見ることができています。面白いです。


§  今月の舞台 舞台については、今月は0本です。

§  今月の音楽 今月も生演奏を聴く機会がありませんでした。
コロナが始まってから、70年代の洋楽を聴きまくっています。今月はBee Geesのアルバムを順に聴いていっています。


§  今月の美術 今月は特に美術に触れていません。


§  今月のスポーツ 今月もスポーツをやる時間はありませんでした。
ですが、プロ野球ですさまじい伝説が生まれました。千葉ロッテマリーンズの佐々木投手による13人連続奪三振と完全試合です。その時私は妻と長女とIKEA港北にいましたが、途中からネットのテキストニュースにくぎ付けになっていました。
その次の週には私もテレビ中継をみました。8回まで完全試合。米大リーグでも達成されたことのない二試合連続の完全試合を間近にしながら、球数が100球を超えたから投手交代。まさに伝説の試合を目撃した気分です。
われらが阪神タイガースも歴史に残るほどの負けっぷりのスタートを切ってくれています。

スポーツが始まる春はあらゆるものが活性化します。私たちも元気になります。


§  今月の滝 今月は残念なことに滝を見る機会はありませんでした。
旅はいくつかしましたが、全て仕事に絡めてだったので。
来月は滝巡りをするつもりです。今年に入ってから滝成分が足りていないので。


§  今月の駅鉄  趣味の駅訪問は二駅です。「神奈川駅(4/9)」「八街駅(4/12)」「碧海古井駅(4/30)」
神奈川駅は桜木町の商談までの間、時間があったので訪問しました。横浜駅まで電車で、そこから歩いて訪れました。
かつての神奈川宿の面影を残すような駅舎でしたが、ホームの幅の狭さもかつての鉄道黎明期の雰囲気を宿していました。ホームのすぐ脇をJRの線路が六線並んでおり、列車好きにはたまらない場所だと思います。また、ホームの横には道路が通っていましたが、崖があり、その上には桜の木が花を咲かせていました。幸ヶ谷公園です。また訪れたい場所です。

もう一つの八街駅も商談で訪れました。この駅も下車自体が初めてでした。駅前の広場には巨大な落花生の形をリアルにかたどったオブジェがあり、馬の銅像が何頭か走っていました。
ロータリーにお客様が来てくださり、そこから車で送ってもらいました。
商談の後はお客様が佐倉駅まで送って下さったのですが、帰りに再び夜の八街駅を訪れてみました。高校生がたくさんホームに群がっていました。地方の鉄道は学生さんが支えている実例をみることができました。

月末に訪れたのが名鉄の碧海古井駅です。安祥城跡の近くにあるこの駅、新幹線がすぐそばを通り過ぎていますが、片面ホームの無人駅です。たまに優等列車が単線を勢いよく通過していきます。駅の雰囲気と列車の勢い、そしてそばを行き交う新幹線のスピードが印象に残る駅でした。


§  今月の酒楽 今月は酒が飲めるようになったのですが、仕事が忙しく、飲む機会がなかなかありませんでした。
呑んだのは野毛の「野毛とんちゃん本店」と「野毛の呑処 蔵魂」。後者のお店では美味しいお酒をいただきました(4/9)。終電を逃すほどの美味しいお酒でした。


その後、新小岩で作業を行った帰り、新小岩の駅前の繁華街にある「下町浪漫」で昭和の雰囲気を濃厚に演出したお店で一人で飲みました(4/15)。

他にも何回か家のみを。湘南やAMAOTOやカルヴァドスいりシードルやら。
そして安城の北京本店では豪華で満腹になる北京飯を食べながら、ビールで労働の疲れを。

§  今月の旅行 今月は、仕事がらみで八街と佐倉を草加と安城・西尾を訪れました。あとは妻と訪れた三浦半島西部の旅の三回です。

八街は駅前を少し歩いた程度で、後はお客様に送っていただきました。商談の後、ますだという落花生の有名なお店に寄ってくださろうとしてくれたのですが、あいにくお店は閉まっていました。
その代わり、送って下さった佐倉の駅から佐倉の旧市街を歩く機会を頂きました(4/12)。
https://www.dropbox.com/s/9bu1d8aty74yfw7/%E5%86%99%E7%9C%9F%202022-04-12%2016%2046%2018.jpg
武家屋敷を歩き、児玉源太郎の旧居があることを知り、ひよどり坂の見事な竹林の姿にかつてのさむらいの往来を想像しました。佐倉城は広大な城跡を染める濃い緑色の姿に癒されました。
https://www.dropbox.com/s/wtx4u81zftj0yhv/%E5%86%99%E7%9C%9F%202022-04-12%2016%2051%2054.jpg

その後によった麻賀多神社も境内の猫や境内の様子など、神社の良さを感じる場所でした。
佐倉はかつて京成の大佐倉駅を降りて本佐倉城を歩いた事がありますが、佐倉城の方には来たことがなかったので良かったです。国立歴史民俗資料館や佐倉高校資料館、順天堂資料館などを訪れれる時間がなかったので、次の機会にゆっくり巡りたいと思っています。


草加を訪れたのは4/20のことでした。商談の前に旧日光街道沿いの綾瀬川に沿って松並木が壮観な草加松原を歩きました。ここ草加宿は、松尾芭蕉翁の「おくの細道」にも二番目の宿場町として登場します。松尾芭蕉が壮大な旅をするうえで不安を漏らすあたり、当時の過酷な旅を想像させてくれます。

草加宿芭蕉庵ではお店にいた方が絵を描く方でとても詳しく草加の街の事を教えてくれました。ご自身で書かれたガイドマップもお見事。絵葉書を書いて打っておられましたが、もう少し松並木が見えるものがあれば買おうと思ったほどです。和船も不定期に運行しているということなので、また来たいと思いました。
商談の後は、再び旧日光街道の草加宿の辺りを歩いて回りました。草加せんべいのお店も立ち並んでいて、家族にもお土産を買って帰りました。革製品や藍染め、それにせんべい。東武伊勢崎線の沿線は町田からのアクセスはあまり良くないので、訪れる機会がありませんでした。また次回、打ち合わせに訪れたいと考えています。
夜もコワーキングスペースで21時半まで作業して帰りました。

月末には仕事で安城を訪れました。安城松平氏といえば、徳川家康を輩出したことで知られる名族ですが、その発祥地を見ることができました。安城市はとても面白い街で、新しい図書館はとても充実しており、駅前には古い商店街があります。と思えば少し離れると一面の田園風景が。安城歴史博物館は無料とは思えないクォリティで、また訪れたいと思いました。

仕事を抜きにした旅は、妻と訪れた三浦半島の西側です。葉山から横須賀。美味しい料理屋森戸神社などを訪れました。


§  今月のその他活動 人生も半分を過ぎ、一層焦りが募っています。少しでも日々に変化をつけようとする気持ちに衰えはありません。
今、心身が動くうちに仕事もプライベートも全力で。その考えには揺るぎがありません。

・公園は六カ所。「幸ヶ谷公園(4/9)」「佐倉城址公園(4/12)」「薬師池公園 蓮園(4/17)」「札場河岸公園(4/20)」「おせん茶屋公園(4/20)」「安城城址公園(4/30)」

・博物館は二カ所。「佐倉城址公園センター(4/12)」「安城市歴史博物館(4/30)」

・美術館はゼロカ所。
・駅は三駅。「神奈川駅(4/9)」「八街駅(4/12)」「碧海古井駅(4/30)」

・滝はゼロカ所。
・温泉はゼロカ所。
・山はゼロ山。
・酒蔵はゼロカ所。
・神社は九カ所。「春日神社(4/11)」「麻賀多神社(4/12)」「東小松川 香取神社(4/15)」「神明宮(4/20)」「森戸神社(4/24)」「畜霊社(4/24)」「水天宮(4/24)」「おせき稲荷社(4/24)」「和田八雲神社(4/24)」

・寺は二カ所。「泉龍禅寺(4/6)」「東福寺(4/20)」

・教会はゼロカ所。
・史跡は十六カ所。「佐倉市武家屋敷(4/12)」「旧武居家住宅(4/12)」「児玉源太郎旧宅跡(4/12)」「旧但馬家住宅(4/12)」「旧河原家住宅(4/12)」「修静居 跡(4/12)」「大手門跡(4/12)」「空堀(4/12)」「畠山重忠公遺烈碑(4/14)」「松尾芭蕉文学碑(4/20)」「草加宿芭蕉庵(4/20)」「草加せんべい発祥の地碑(4/20)」「草加宿 清水本陣跡(4/20)」「千貫松(4/24)」「和田義盛旧里碑跡(4/24)」「七ツ井(4/30)」

・遺跡はゼロカ所。
・城は二城。「佐倉城跡(4/12)」「安祥城跡(4/30)」

・灯台はゼロカ所。
・水族館はゼロか所。
・土木遺産はゼロか所。
・マンホールカードは二枚。「埼玉県草加市(4/20)」「埼玉県草加市(4/20)」
・風景印はゼロ枚。
・御城印は一枚。「佐倉城(4/12)」
・御宿印は一枚。「草加宿(4/20)」


私がまだ訪れていない場所の多さは無限です。やりたいこと、行きたい場所の多さにめまいがします。
仕事に追われて今月も行けなかった場所のどれほど多いことか。これでは日々に追われてあっという間に老け込んでいくことは間違いありません。
そうしているうちに、加齢によって気力を奪われ、あきらめを自らの自然な感情と勘違いしたまま、かつての欲求を忘れ老いてゆく。これだけは防ぎたいと思っています。


人の明日はわかりません。人気俳優や女優も自死を選び、私も不意の体調不良に襲われ、コロナに感染します。ハイキングが一晩の遭難と化し、人里のすぐそばで死ぬ可能性も体験しました。
いつかやろう、引退してからやろうという姿勢を根本的に見直さねばなりません。もう、未来の社会や環境がどうなっているかわからないからです。そこに老いつつある自らの衰えがかぶさってきます。
生きている今。今を生きているのですから、今、やるべきことをしなければ。後悔だけはしないように。
その姿勢のまま、仕事をこなしながらも、今のうちに時間の合間を見つけ、行けるところに行っておこうと思います。

死ねば全ては無に消えます。
私の経験をいくらブログにアップしても、膨大なデジタルの海の中に溶けて消えます。
それが分かっていても、自分に与えられた生を全力で全うしたいと思います。仕事もプライベートも全力で過ごそうと日々励んでいます。

今は仕事に集中し、好きなことは引退後に。そんな悠長な考えが通用しないことをコロナウィルスは教えてくれました。人生はあっという間に終わってしまう。老いたときに平穏で好きなことができる世の中があるかどうかは誰にも保証されません。一方で、仕事の難しさや面白さも強く感じています。プライベートだけど充実させるのでもなく、仕事だけに人生を捧げるでもなく、その両立を目指す
だからこそ、今のうちから毎日を公私とも全力で生きる、という決意で日々を過ごしています。
コロナだからと閉じこもっている場合ではないのです。
コロナに人生を台無しにされるぐらいなら、一人でも旅を敢行したいと思います。会話は控え、マスクに口と鼻を隠した黙旅を。
咋秋に遭難したように、命をなくしては元も子もないのは当たり前。ですが、何もしないままなら命は枯れてしまいます。

家族との縁も毎月、姿を変えています。仕事もいつかは引退を求められるでしょう。そうなった時にやることがない、とよく話に聞く老残にだけはなりたくないと思っています。
人はいつか死ぬ。コロナウィルスの蔓延はそのことを教えてくれました。何をしても最後には死にます。一昨年の九月に読んだ「「死」とは何か」という本には死生観を持つことの大切さが書かれていました。昨年の九月にはそれに加えて沢庵和尚の生涯から権力にこびず、わが道を行く生き方を学びました。

一方で、具体的に将来のこともそろそろ考えねばなりません。
法人のまとめに書いた通り、コロナに席巻された世の中ですが、弊社の売り上げはなんとか確保できています。
ただ、私個人としては投資もしておらず、賭け事もしていません。不労所得のタネも持っていません。
私が倒れた時、うちのメンバーが稼げるところまでは頑張らねば。

それぞれの場所で俳句も読みました。今月は俳句を14句。いずれもツイートまとめに載せています。

あらためて「私」を振り返ってみました。来月もコロナと共存しつつ、自らの生に後悔のないような日々となることを信じて。


2022年4月のまとめ(法人)


令和四年四月。
弊社にとっての新年度が始まりました。第八期の始まりです。

本来なら、寿ぐべき年度の始まりです。が、ウクライナへ侵略を進めるロシアや北朝鮮によるミサイル発射など、安穏としていられない日々が続いています。
自然災害だけでなく、わが国を取り巻く国際関係にもリスクのタネは潜んでいます。
私たちはこの先、いくつのリスクに対処していかなくてはならないのでしょう。ただでさえ、わが国にはさまざまな課題があるというのに、この上さらなるリスクにどのように対処していけばよいのか。

既存の成功体験はとっくに古びました。わが国はかつての高度成長による遺産だけでかろうじて先進国の地位にとどまっています。
ですが、わが国はまだ復活できると信じています。
ただし、そのためには、古いやり方を墨守するのではなく、新たな考え方にアップデートしていかなければ。
世の中にはDX/UXやDL/MLなど、新しい言葉が毎日のように生まれています。ただ、そうした言葉をむやみに有難く思う必要はありません。ただ、変化を恐れ、前のやり方にしがみつくことが衰退につながることを知ればよいだけなのです。常に前向きに、未来を見る。その癖をつけておかなければ。

弊社でもそれは同じ。まだまだ課題は山積みです。ですが、始まりの月に成長の手ごたえを感じています。
昨年の反省を真摯に考えるため、今年から心機一転してさまざまな活動に取り掛かっています。
それらが早くも成果を出してくれそうです。

達成度6割。達成感7割。満足感8割。それが今月の代表自身の自己採点です。

幸先がよかったとはいえ、その状況に甘んじず、足元を固めて進みたいと思います。
弊社とご縁をいただいたすべての方々に感謝します。ありがとうございました。

●弊社の業績

§ 総括 毎年、四月度の売上はあまり芳しくありません。その理由は、前の月が年度末であることによる、駆け込み売り上げの反動です。
ですが、今月はまずまずの金額を打ち立てられました。最低限の目標は達成できたと思います。

お陰様で今月も多数の引き合いを頂きました。本当にありがたいことです。

三月から、SESの形態で、弊社メンバーに一人加わってもらっています。頑張ってくれています。また、昨年の年初から加わってくれていたメンバーも今月から正社員として働いてくれています。

二人とも新たな環境で頑張ってくれています。
新たに加わってくれたメンバーも早速活躍してくれています。正社員になってくれたメンバーは某社にて週一、二度の常駐作業をこなしてくれています。別のお客様の案件にもほぼ一人で対応してくれるようになり、お客様から感謝の御言葉を頂けるまでになりました。
お陰で、kintoneの中だけで完結できるようなご要望については、うちのメンバーだけで回りつつあります。代表が打ち合わせで出られないときは、うちのメンバーだけでお客様と打ち合わせられる体制も作れるようになっています。

ただ、kintoneだけで回せるような案件はどちらかというと小規模です。弊社としては、大きな案件も引き受けていかなければなりません。
弊社の価値とはkintoneを他のPaaS/SaaSと連携させることにあります。その一つの到達点として、弊社独自のサービスを立ち上げる事を着想しました。
それが実り、今月はスマレジアプリコンテストで佳作を頂けました。佳作といっても全20アプリの中の3位ですから、自信をもってよいかもしれません。

咋秋から取り掛かっていたこちら、1月の下旬あたりから、あまりにも多くの案件をいただくようになったため、開発の時間が取れなくなり、宇都宮出張の間にも他の案件の打ち合わせに追われて開発がすすめられませんでした。それを乗り越えての佳作なので、これをもとにサービス提供者としてのはじめの一歩を踏み出します。

そうした他のPaaSやPaaSとkintoneを連携するにあたっては、全体の設計や細部の構築が必要です。これらを担うための代表のリソースは足りていません。新たな案件を次々と頂いている今、その対応に追われてしまっています。
引き合いを次々と受けても、それに耐えられる様な開発スピードを確保しなければ。昨年、なかなかうまく行かずに苦しんだ経験を活かし、メンバーに対する教えを強化していきます。

今月は弊社にとって以下のようなトピックがありました。
・弊社が応募した「チェアサイドレジ」が第二回スマレジアプリコンテストで佳作を受賞しました。
・弊社代表がkintoneシステムデザイン エキスパートに合格しました。
・弊社にとってkintone並走案件の取り組みを行い、お喜びの声をお客様よりいただきました。
・弊社にとって久しぶりとなるSES案件を請け、週一程度、代表かメンバーが常駐で作業を行い始めました。

実績を出しつつ、日常も充実させるための工夫。それらは全て、代表の求めるワークライフバランスの実現につながってゆくと信じています。


§ 業務パートナー 今年からサテライトオフィスにて弊社メンバーに対して対面開発をして教える。そう決めたことで、サテライトオフィスへの訪問頻度を増やすと決めました。
ただ、今月は新たなSES案件が始まり、私とメンバーがその常駐現場に行く機会が多かったため、そこで教えています。その分、サテライトオフィスに行く機会は減っています。
ただ、4/1にパートナー企業様よりプレミアムフライデーの飲食の場に及び頂き、会話を楽しみました。ありがたいことです。

今月も複数のパートナーに対して複数の案件をお願いしています。
引き続き、一部の案件については弊社のパートナー社様やパートナー技術者様にお願いするつもりで動いています。

その際、業務を単に丸投げしてしまうことは慎みます。丸投げは弊社のノウハウにならないばかりか、外注費が増加による財務諸表への悪影響にも繋がります。
そのため、外注する場合も弊社がなるべく関わるような体制をとりたいと考えています。

昨年末に、代表が自分にかけていたいくつかの心理のブロックを外しました。例えばオフショア開発、常駐、サービス開発も含めて。引き続きこの方向に進んでいきます。
外したブロックの中には、業務パートナーとの関係性も含めています。また、助成金には頼らないというものもあります。ですが、弊社が先月IT導入支援事業者に採択されたことから、助成金を使いたいというお客様が増えています。その手続きや申請は、弊社が行うべき業務ではないと判断し、コンサルティング会社様と契約を締結しました。
今後はそうした会社様とも柔軟に付き合っていこうと思います。

§ 開発案件 今月は九割の開発案件がkintoneがらみでした。
ありがたいことに今年に入ってから連日のように新たな案件のお引き合いをいただいています。今月に入ってからは新規案件の割合は少し減っています。が、それでも週一、二件の割合で新たな案件のお話を頂いています。これも、今までの露出の効果でしょう。

先月から某士業様の案件で、kintone並走開発に取り組んでいます。基本的に対応は弊社メンバーに委ね、私はあまり出しゃばらないようにしました。
その結果、無事に初期立ち上げの部分が終わり、お客さまよりお喜びのお声を頂きました。とてもうれしい瞬間でした。こちらも次のフェーズに移れそうです。

もう一つ、今月からSES案件を請けています。メンバーご週一、二回ほど常駐に入っています。今月は初月なので私も厚めに常駐するようにしています。弊社が受けてきたkintone案件の中でも大きい規模のお客様であり、弊社のメンバーにとってもとてもない成長の機会になるはず。
あとは弊社代表のみが動いている案件で、某団体様がkintoneを導入したことに伴うセキュリティコンサルティングと、アプリ運用のお仕事もひとまずひと段落しました。

他にも二ダースほど案件が同時並行で動いています。

ただ、経営者がワーカーとしてに奔走していては社の発展は望めません。
代表が経営に時間を割けなくなると、大所が見えなくなり経営上のリスクとなります。
弊社の発展を進めるためにも、ここを早く何とかしないと。

来月も、弊社メンバーの教育も兼ねた案件に注力していく予定です。



§ 財務基盤の堅牢化 財務をきっちりすること。前からの課題です。
弊社としては問題ないのに、家計が絡むととたんに脆弱になる。
いつになればこの状態が落ち着くのか。財務基盤の弱さをいかにして克服するか。課題は山積みです。

ようやく、昨年の夏のコロナ感染がきっかけに苦しんだ状況に解決の窓が見えてきました。ですが、まだ気を緩めるわけにはいきません。
財務の件は、引き続き最優先で取り組んでいきます。

東京都中小企業振興公社の人財アドバイザーの方にも昨年末よりアドバイスを受けており、この方から五年後の弊社体制の姿を作るように言われ、作成しました。
続いて言われたのが五年間の財務諸表の推移を計画する作業です。弊社代表にとって苦手な作業ですが、これを機会に改めて取り組んでみようと思います。
あと、同時に税理士の先生にも単なる経理作業ではなく、より高い財務の観点からのアドバイスをいただくようにするため、freeeのスキャニング機能を使った領収書の自動経理の機能を導入する予定です。

§ 社内体制 昨年の師走の初めに、一年前に作成した社是、企業理念、経営理念やスローガンを見直しました。メンバーが離任した理由に、肝心な部分の価値観のずれがあったためです。そこで年始にあたり、三人でもう一度忌憚のない意見を交わしながら、それらを練り直しました。以下に掲示します。

企業理念
「情報技術を生かして、
正直に、飾らずに、自分、家族、パートナー、お客様、地域に寄り添う」

経営理念
「一期一会の儲けよりお互いが継続して協業できる幸せを」

9つ(ナイン)の「ない」
「組織図はない」
「タイムカードない」
「ノルマは設けない」
「多数決で決めない」
「社長室は作らない」
「肩書きもいらない」
「皆が経営者の行い」
「定年は強制しない」
「雑談は惜しみない」

アクアビットに合う方
「家族を大切にする気持ちのある方」
「仲間を大切にできる方」
「笑顔のある方」
「まず肯定から入る方」
「夢を持ち続ける方」
「人の話を聴ける方」
「人間が好きな方」
「可能性を信じる方」
「自分が好きな方」
「自分で仕事を見つける方」
「会社に滅私奉公せず公私を大切にする方」

メンバーの募集を出した時と考え方の軸はぶれていません。

昨年の師走より、東京都中小企業振興公社の方に人財制度についてのアドバイスを受けています。
そのアドバイザーの方から作成するようにと指示された、5年後の弊社を見据えた改善案は、弊社代表が宇都宮にいる間に作成しました。その内容は弊社の4月からのメンバー全員に展開し、アドバイザーの方にもお墨付きをいただきました。
アドバイザーの方からは、引き続き財務諸表の今後五年間の推移を計画するように言われています。

弊社メンバーは、まだ技術的なスキルの習得に目一杯で、なかなか経営的な視点に気を回すレベルには至れていません。ですが、そこはじっくり焦らずにいきます。まずはスキル面の評価と人事面の評価を行いながら、弊社の体制を築き上げていく予定です。

ただし、上に書いた理想を目指すとしても、それはあくまでも継続的に経営が成り立つ体制があってこそ。業務基盤を疎かにしてはいけません。
そのためにも、弊社では継続的な案件やサービスの構築に力を入れ始めています。それが第二回スマレジアプリコンテストで佳作をいただいた「チェアサイドレジ」です。

先月の半ばより、SESの会社様からのご提案を受け入れ、一人、メンバーとして参加してもらっています。
さらに、今月から弊社メンバーには正社員として働いてもらっています。その方を含めたメンバー四人で稼働しています。
毎週週明けにオンラインの打ち合わせを行い、正社員のメンバーとはSESの常駐現場でも都度、打ち合わせています。
昨年に犯した失敗の反省を踏まえ、慎重に、かつ大胆に果断に経営していきたいと思います。

§ 人脈の構築 今月は外出や打ち合わせを何度も行い、リアル商談を数多く行いました。
リアル商談は16回、お客様との打ち合わせを行いました。オンライン商談はざっと数えたところ約26回ほどです。八街と草加と安城のお客様を訪問し、オンラインではなく対面で交流を深められたのも良かったです。
今月、頂戴した名刺は16枚です。

とはいえ、今月はリアルイベントへの参加はできていません。
こちらは弊社代表が忙しかったこともあり、来月以降の課題です。来月以降、そうした場にお誘いいただいており、楽しみにしています。

引き続きよろしくお願いいたします。

§  対外活動 今月はこちらのイベントに参加しました。kintone Café 岡山 Vol.5(4/29)。

今月は、作業に忙しく、オンラインイベントにもなかなか参加できませんでした。ただ、来月以降に複数のお誘いを頂いています。これらは調整して参加したいと思います。

今年に入ってから、発信の機会を増やすため、noteの投稿を始めています。毎営業日に記事をアップしています。これは2年ほど前から弊社とパートナー会社向けのSlackに毎朝アップしていた「朝の雑感」を二日遅らせて外部向けに書き直したものです。

弊社の開発や記事執筆のお仕事はこうした対外活動から生まれています。代表自身による新たな交流を発信することは絶対に怠ってはならないと肝に銘じています。

きっと、必ずや、コロナは小康状態に落ち着くと信じ、また皆様と交流を深めたいと思っています。
まずは今月の弊社と関わっていただいた皆様、誠にありがとうございました。

§ 執筆活動 以前に連載していたCarry Meさんが運用する本音採用サイトの「アクアビット 航海記」を弊社サイトにアップし直す作業ですが、今月は1本アップしました。
(「アクアビット航海記 vol.42〜航海記 その26」)
東京に出てきた私が最初の転職に至るまでを書いています。

今月、書いた本のレビューは7本(
無頼のススメ
「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
真田三代 上
真田三代 下
怒る富士 上
怒る富士 下
サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

今月、書いた抱負は0本() 。
今月、書いた旅日記は0本() 。
今月、書いた物申すは0本() 。
今月、書いた弊社の活動ブログは0本() 。
今月、書いた弊社の技術ブログは0本()。

なお、先月から毎営業日にnoteに書き始めた記事ですが、今月は以下の内容をアップしました。
3月30日 手続き型組織と個人の裁量
4月1日  ポジティブ思考にはリスクの備え
4月4日  仕事へ誇りを持つことは大切
4月5日  契約をなぜ取り交わすのでしょうか
4月6日  皆さんは今情報処理革命の当事者
4月7日  さらなる通勤混雑の緩和を!
4月8日  MLBの年俸は日本と桁違い
4月11日 野球のすごさを感じた一日
4月12日 イラストレーターの道も険しい
4月13日 働き方を考えるためのイベント
4月14日 地方の幹線すら廃止の現実
4月15日 わが国の有事を想定せねば
4月18日 合理的に、精神的に鍛錬する事
4月19日 電子メールの限界が来ている
4月20日 技術者は立ち止まると終わる
4月21日 目標を公私で持つと良いです
4月22日 本人確認の認証基盤は要注目
4月25日 周りの成功に目移りしないこと
4月26日 自分の強みを再度考えた成果
4月27日 コワーキングスペースの今

§ 年表

・四月お仕事

二俣川にて作業・打ち合わせ×8、KEY’S CAFE 町田市役所店にてオンライン打ち合わせ、町田市役所で手続き、新富町駅ホームで作業、新富町で商談、麹町で投函、横浜駅STATION SWITCHで作業・オンライン打ち合わせ、桜木町で商談、カラオケ館野毛店でオンライン打ち合わせ、野毛で飲み会×2、鶴川郵便局で手続き、八街で作業・商談、新小岩で作業・打ち合わせ、草加で商談、ファミリーマート草加二丁目店で作業、コワーキングスペース トリノスで作業、都筑区で商談、武蔵小杉Kitacos Cafe & Gardenでオンライン商談・商談、アールベーカリーでオンライン商談、二俣川コンコースでオンライン商談、安城で商談

§ ツイートまとめ
・四月ツイート

https://togetter.com/li/1879661