Articles tagged with: 未来

74回目の終戦記念日に思う


74回目の8/15である今日は、今上天皇になって初めての終戦記念日です。令和から見たあの夏はさらに遠ざかっていきつつあります。一世一元の制が定められた今、昭和との間に平成が挟まったことで、74年という数字以上に隔世の感が増したように思います。

ところが、それだけの年月を隔てた今、お隣の韓国との関係は戦後の数十年で最悪の状況に陥っています。あの時に受けた仕打ちは決して忘れまい、恨みの火を絶やすなかれ、と燃料をくべるように文大統領は反日の姿勢を明確にし続けています。とても残念であり、強いもどかしさを感じます。

私は外交の専門家でも国際法の専門家でもありません。ましてや歴史の専門家でもありません。今の日韓関係について、あまたのオピニオン誌や新聞やブログで専門家たちが語っている内容に比べると、素人である私が以下に書く内容は、吹けば飛ぶような塵にすぎません。

私の知識は足りない。それを認めた上でもなお、一市民に過ぎない私の想いと姿勢は世の中に書いておきたい。そう思ってこの文章をしたためます。

私が言いたいことは大きく分けて三つです。
1.フェイクニュースに振り回されないよう、歴史を学ぶ。
2.人間は過ちを犯す生き物だと達観する。
3.以徳報怨の精神を持つ。

歴史を学ぶ、とはどういうことか。とにかくたくさんの事実を知ることです。もちろん世の中にはプロパガンダを目的とした書がたくさん出回っています。フェイクニュースは言うまでもなく。ですから、なるべく論調の違う出版社や新聞を読むとよいのではないでしょうか。産経新聞、朝日新聞、岩波書店、NHKだけでなく、韓国、中国の各紙の日本版ニュースや、TimesやNewsweekといった諸国の雑誌まで。時にはWikipediaも参照しつつ。

完璧なバランスを保った知識というのはありえません。ですが、あるニュースを見たら、反対側の意見も参照してみる。それだけで、自分の心が盲信に陥る危険からある程度は逃れられるはずです。時代と場所と立場が違えば、考えも違う。加害者には決して被害者の心は分からないし、逆もまたしかり。論壇で生計を立てる方は自分の旗幟を鮮明にしないと飯が食えませんから、一度主張した意見はそうそう収められません。それを踏まえて識者の意見を読んでいけば、バランスの取れた意見が自分の中に保てると思います。

歴史を学んでいくと、人間の犯した過ちが見えてきます。南京大虐殺の犠牲者数の多寡はともかく、旧日本軍が南京で数万人を虐殺したことは否定しにくいでしょう。一方で陸海軍に限らず、異国の民衆を助けようとした日本の軍人がいたことも史実に残されています。国民党軍、共産党軍が、民衆が、ソビエト軍が日本の民衆を虐殺した史実も否定できません。ドレスデンの空襲ではドイツの民衆が何万人も死に、カティンの森では一方的にポーランドの人々が虐殺され、ホロコーストではさらに無数の死がユダヤの民を覆いました。ヒロシマ・ナガサキの原爆で被爆した方々、日本各地の空襲で犠牲になった方の無念はいうまでもありません。中国の方や朝鮮の方、アメリカやソ連の人々の中には人道的な行いをした方もいたし、日本軍の行いによって一生消えない傷を負った方もたくさんいたはず。

歴史を学ぶとは、人類の愚かさと殺戮の歴史を学ぶことです。近代史をひもとくまでもなく、古来からジェノサイドは絶えませんでした。宗教の名の下に人は殺し合いを重ね、無慈悲な君主のさじ加減一つで国や村はいとも簡単に消滅してきました。その都度、数万から数百万の命が不条理に絶たれてきたのです。全ては、人間の愚かさ。そして争いの中で起きた狂気の振る舞いの結果です。こう書いている私だっていざ戦争となり徴兵されれば、軍隊の規律の中で引き金を引くことでしょう。自分の死を逃れるためには、本能で相手を殺すことも躊躇しないかもしれません。私を含め、人間とはしょせん愚かな生き物にすぎないのですから。その刹那の立場に応じて誰がどのように振舞うかなど、制御のしようがありません。いわんや、過去のどの民族だけが良い悪いといったところで、何も解決しません。

それを踏まえると、蒋介石が戦後の日本に対して語ったとされる「以徳報怨 」の精神を顧みることの重みが見えてきます。

「怨みに報いるに徳を以てす」という老子の一節から取られたとされるこの言葉。先日も横浜の伊勢山皇大神宮で蒋介石の顕彰碑に刻まれているのを見ました。一説では、蒋介石が語ったとされるこの言葉も、台湾に追い込まれた国民党が日本を味方につけるために流布されたということです。実際、私が戦後50年目の節目に訪れた台湾では、日本軍の向井少尉と野田少尉が百人斬りを競った有名な新聞記事が掲げられていました。台湾を一周した先々で、人々が示す日本への親しみに触れていただけに、国の姿勢のどこかに戦時中の恨みが脈々と受け継がれていることに、寒々とした矛盾を感じたものです。先日訪れた台湾では、中正紀念堂で蒋介石を顕彰する展示を見学しましたが、そうした矛盾はきれいに拭い去られていました。

でも、出所がどうであれ、「以徳報怨」の言葉が示す精神は、有効だと思うのです。この言葉こそが、今の混沌とした日韓関係を正してくれるのではないでしょうか。人間である以上、お互いが過ちを犯す。日本もかつて韓国に対し、過ちを犯した。一方で韓国も今、ベトナム戦争時に起こしたとされるライダイハン問題が蒸し返され、矛盾を諸外国から指摘されています。結局、恨むだけでは何も解決しない。相手に対してどこまでも謝罪を求め続けても、何度謝られても、個人が被った恨みは永遠に消えないと思うのです。

外交や国際法の観点から、韓国の大法院が下した徴用工判決が妥当なのかどうか、私にはわかりません。でも、日韓基本条約は、当時の朴正熙大統領が下した国と国の判断であったはず。蒋介石と同じく朴正熙も日本への留学経験があり、おそらく「以徳報怨」の精神も持っていたのではないでしょうか。それなのに、未来を向くべき韓国のトップが過去を振り返って全てをぶち壊そうとすることが残念でなりません。そこに北朝鮮の思惑があろうとなかろうと。

戦争で犠牲を強いられた方々の気持ちは尊重すべきですが、国と国の関係においては、もう徳を以て未来を向くべきではないかと思うのです。来年には75年目の終戦記念日を控えています。今年の春に発表された世界保健機関の記事によると女性の平均寿命は74.2年といいます。つまり75年とは、男性だけでなく女性の平均寿命を上回る年数なのです。もうそろそろ、怨みは忘れ、人は過ちを犯す生き物であることを踏まえて、未来へ向くべき時期ではないでしょうか。

一市民の切なる願いです。


今は昔のこんなこと


「血脈」を読んで以来、著者に注目している。そんな中、著者の本「九十歳。何がめでたい」がベストセラーになった。93歳にしてすごいことだと思う。

「血脈」は波乱に満ちた佐藤一族を描いており、その舞台の一つは昭和初期の甲子園だ。私が「血脈」を読み始めたのも、私の実家から歩いてすぐの場所に著者の実家があったからだ。ところがまだ著者のエッセイは読んだことがなかった。初めて著者のエッセイを手に取るにあたり、タイトルで選んだのが本書。それは、著者がその頃の甲子園の風俗を知っているはず、というもくろみもあった。私が生まれ育った地の昔が、本書から少しでも感じられたら、と思って本書を読み始めた。

本書は今の時代から消え去った当時の文物を章ごとに取り上げている。そのどれもが私にとって博物館でしかみたことのない品であり、小説の中でしか出会ったことのない言葉だ。本書に登場する風物や風俗は、現代では日々の生活に登場することはまずない。これほど多くの品々が時代の流れに抗えず消えてしまった。そのことに今更ながらに感慨を受ける。

著者はそうした物たちが当時どのように使われていたかを紹介する。そして、著者の記憶に残るそれらが、今どうなったかをエッセイ風に書く。そこには著者の持つユーモアがあふれている。かつての物が失われたことを諦めつつ、それは時の流れゆえ、仕方がないと達観する潔さ。孫娘に過去を説いても無駄だとあきらめながらもつい昔語りをしたくなる性。そうしたユーモアが感じられるのが本書を読ませる内容にしている。

本書で取り上げられる習俗には、いわゆる下ネタに属するものもある。夜這いとか腎虚とか花柳病とか。そうしたネタを扱うことも著者にとってはお手の物。そうした感傷からは突き抜けた境地に達しているのだろう。佐藤一族の無頼と放蕩を見聞きしてきた著者には。

むしろ、そういう営みこそ人間の生を如実に表していると考えている節がある。多分、著者にとって現代の世の営みとは、不愛想で血が通っていない。そのように考えているのではないだろうか。昔への愛着と今の世にあふれる品々への物足りなさ。そうした愛憎も込めて、著者は昔のモノを取り上げたのだと思う。

あらゆるものが一新され、時の流れに消えていく今。「モッタイナイ」という美徳が言われる一方で、ダイソーやセリアやキャン・ドゥには安価で便利でカラフルで清潔そうな製品が並ぶ。だが、一つ一つの品の耐用年数は少なく、愛着をおぼえる暇もない。

本書に登場する言葉。それらの言葉を取り巻く時間の歩みは遅い。それとは逆に、今の時代は急流のように時間が過ぎ去ってゆく。流れる時間は皆に等しいはずなのに、主観だけで考えると時間の進み方が違うような錯覚を抱いてしまう。それは時代のせいではなく、読者の私が年をとっただけなのは確実なのだが。

私もあと30年ほどすれば、ダイヤル式の電話や、テレホンカード、竹馬やコマを題材にエッセイを書くかもしれない。多分、その時に感ずる懐かしさは著者の比ではないだろう。なぜなら、遠からず私たちはアナログからデジタルへの移行よりもっと凄まじい変革を潜り抜けているはずだからだ。

その時、情報量の増加率は今とは比べ物にならないだろう。本書で取り上げられる文物が現役だった昭和初期に比べると、今の情報量はレベルが違う。だが、近い将来に見込まれる情報量の爆発は、今をはるかに凌駕するに違いない。その時、私たちの世界はもっと顕著に変わっていることが予想される。その時、今の風俗の多くは情報の海の底に埋もれてしまっている。だからこそ私たちの世代、インターネットが勃興した時期と社会人になったのが同じ世代の私たちが、未来に向けて風俗や事物を書き残さなければならないのだろう。著者のように。

だが、私には記憶力がない。著者は作家を父に持つだけに、エピソードや使われ方の大まかをつかみ、それを記憶している。さらにはそれを文筆に表す力を持っている。実にうらやましい。

私は常々、エッセイとブログの違いは微妙にあると考えている。その違いは物の本質を把握し、印象的な言葉で読者に提示できる力の差だと思っている。エッセイとは、その微妙な差によって今の世相を映し出す記録として残されるべきだと思っている。たとえ、後世の研究者にしか読まれないとしても。その微妙な時代の空気を文章に残すからこそ、プロの作家たるゆえんがあるのだろう。

‘2018/03/14-2018/03/14


虚ろな十字架


大切な人が殺される。その時、私はどういう気持ちになるのだろう。想像もつかない。取り乱すのか、それとも冷静に受け止めるのか。もしくは冷静を装いつつ、脳内を真っ白にして固まるのか。自分がどうなるのか分からない。何しろ私にはまだ大切な人が殺された経験がなく、想像するしかないから。

その時、大切な人を殺した犯人にどういう感情を抱くのか。激高して殺したいと思うのか。犯人もまた不幸な生い立ちの被害者と憎しみを理性で抑え込むのか。それとも即刻の死刑を望むのか、刑務所で贖罪の余生を送ってほしいと願うのか。自分がどう思うのか分からない。まだ犯人を目の前にした経験がないから。

でも、現実に殺人犯によって悲嘆の底に落とされた遺族はいる。私も分からないなどと言っている場合ではない。私だって遺族になる可能性はあるのだから。いざ、その立場に立たされてからでは遅い。本来ならば、自分がその立場に立つ前に考えておくべきなのだろう。死刑に賛成するかしないかの判断を。

だが、そうはいっても遺族の気持ちになり切るのはなかなかハードルの高い課題だ。当事者でもないのに、遺族に感情移入する事はそうそうできない。そんな時、本書は少しは考えをまとめる助けとなるかもしれない。

本書の主人公中原道正は、二度も大切な人を殺された設定となっている。最初は愛娘が殺されてしまう。その事で妻との間柄が気まずくなり、離婚。すると娘が殺されて11年後に離婚した元妻までも殺されてしまう。離婚した妻とは疎遠だったので知らなかったが、殺された妻は娘が殺された後もずっと死刑に関する意見を発信し続けていたことを知る。自分はすでにその活動から身を引いたというのに。

それがきっかけで道正はもう一度遺族の立場で死刑に向き合おうとする。一度逃げた活動から。なぜ逃げたのかといえば、死刑判決が遺族の心を決して癒やしてくれないことを知ってしまったからだ。犯人が逮捕され、死刑判決はくだった。でも、娘は帰ってこない。死刑判決は単なる通過点(137ページ)に過ぎないのだから。死刑は無力(145ぺージ)なのだから。犯人に判決が下ろうと死刑が行われようと、現実は常に現実のまま、残酷に冷静に過ぎて行く。道正はその事実に打ちのめされ、妻と離婚した後はその問題から目を背けていた。でも、妻の残した文章を読むにつけ、これでは娘の死も妻の死も無駄になることに気づく。

道正は、元妻の母と連絡を取り、殺人犯たちの背後を調べ直そうとする。特に元妻を殺した犯人は、遺族からも丁重な詫び状が届いたという。彼らが殺人に手を染めたのは何が原因か。身の上を知ったところで、娘や妻を殺した犯人を赦すことはできるのか。道正の葛藤とともに、物語は進んで行く。

犯罪に至る過程を追う事は、過去にさかのぼる事。過去に原因を求めずして、どんな犯罪が防げるというのか。本書で著者が言いたいのはそういう事だと思う。みずみずしい今は次の瞬間、取り返せない過去になる。今を大切に生きない者は、その行いが将来、取り返せない過去となって苦しめられるのだ。

本書は過去を美化する意図もなければ、過去にしがみつくことを勧めてもいない。むしろ、今の大切さを強く勧める。過去は殺された娘と同じく戻ってこないのだから。一瞬の判断に引きずられたことで人生が台無しにならないように。でも、そんな底の浅い教訓だけで済むはずがない。では、本書で著者は何を言おうとしているのか。

本書で著者がしたかったのは、読者への問題提起だと思う。死刑についてどう考えますか、という。そして著者は306-307ページで一つの答えを出している。「人を殺した者は、どう償うべきか。この問いに、たぶん模範解答はないと思います」と道正に語らせる事で。また、最終の326ページで、「人間なんぞに完璧な審判は不可能」と刑事に語らせることで。

著者の問いかけに答えないわけにもいくまい。死刑について私が考えた結論を述べてみたい。

死刑とは過去の清算、そして未来の抹殺だ。でも、それは殺人犯にとっての話でしかない。遺族にとっては、大切な人が殺された時点ですでに未来は抹殺されてしまっているのだ。もちろん殺された当人の未来も。未来が一人一人の主観の中にしかありえず、他人が共有できないのなら、そもそも死刑はなんの解決にもならないのだ。殺人犯の未来はしょせん殺人犯の未来にすぎない。死刑とは、遺族のためというよりも、これ以上、同じ境遇に悲しむ遺族を作らないための犯罪者の抑止策でしかないと思う。ただ、抑止策として死刑が有効である限りは、そして、凶行に及ぼうとする殺人者予備軍が思いとどまるのなら、死刑制度もありだと思う。

‘2016/12/13-2016/12/14


日本の未来は暗いという新成人へ


日本の未来は暗い。

成人の日を前に、マクロミル社が新成人にアンケートをとったそうです。その結果、「あなたは、「日本の未来」について、どのようにお考えですか。」という問いにたいし、67.2%の人が「暗いと思う」「どちらかといえば、暗いと思う」と答えたとか。つまり冒頭に挙げたような感想を持った人がそれだけいたということですね。http://www.macromill.com/honote/20170104/report.html

うーん、そうか。と納得の思いも。いや、それはあかんやろ、ていう歯がゆさも。

この設問にある「日本」が日本の社会制度のことを指すのだったら、まだ分からなくもないのですよ。だけど、「日本」が新成人が頼りとする共同体日本を指すのであれば、ちょっと待てと言いたい。

今の日本の社会制度は、個人が寄りかかるには疲れすぎています。残念ですけどね。これからの日本は、文化的なアイデンティティの拠り所になっていくか、最低限の社会保障基盤でしかなくなる。そんな気がしてなりません。今の日本の社会制度を信じて国や会社に寄りかかっていると、共倒れしかねません。個人の食い扶持すらおぼつかなくなるでしょう。

トランプ大統領、少子高齢化、人工知能。今年の日本を占うキーワードです。どうでしょう。どれも日本に影響を与えかねないキーワードですよね。

でも、どういう未来が日本に訪れようとも、個々人が国や会社におんぶやだっこを決め込むのではなく、人生を切り開く気概を養いさえすれば乗り切れると思うのです。戦後の高度経済成長もそう。戦前の価値観に頼っていた個々人の反動が、原動力になったともいえるのですから。

これからの日本の未来は暗いかもしれませんが、それは疲弊した社会制度の話。組織や国に寄りかかるのではなく、個人で未来を切り開く気概があれば、未来は明るいですよ、と言いたいです。

それは、何も個人主義にはしり、日本の良さを否定するのではありません。むしろ「和を以て貴しとなす」でいいのです。要は、組織にあって個人が埋没さえしなければ。だから、組織を離れるとなにをすればよいかわからない、ではマズいです。週末の時間をもて余してしまう、なんてのはもってのほか。

学問を究めようが、政治に興味を持とうが、サブカルに没頭しようがなんでもいいのです。常に客観的に自分自身を見つめ、個人としてのあり方や成長を意識する。それが大事だと思います。その意識こそが新成人に求められるスキルだといってもよいです。

だから、アンケートの設問で「あなたはどのような方法で、世の中のニュースや話題を得ていますか?[情報を得ているもの]」でテレビが89.6%とほぼ9割であることに若干不安を覚えます。なぜならテレビとは受け身の媒体だから。特定の番組を選び、意識して見に行くのならまだしも、何となくテレビの前でチャンネルザッピングして飛び込んでくる情報を眺めているだけなら、個人の自立は遠い先の話です。やがて日本の社会制度の疲弊に巻き込まれ、尾羽打ち枯らすのが関の山です。

でも、アンケートの結果からは救いも見えます。それは、皆さん日本の未来については悲観的ですが、ご自分の未来については楽観的なことです。アンケートの中に「あなたは、「自分の未来」について、どのようにお考えですか。」という設問があり、65.8%が楽観的な答えだったのです。これはとても良いこと。未来は暗いと言っている場合ではないのですから。同じく「あなたは、自分たちの世代が日本の将来を変えてゆきたいと思いますか。」の問いに61.4%の方が肯定的な回答をしていたことにも希望が持てます。

日本に誇りをもちつつ、日本に頼らない。日本の文化に属しつつ個人としての感性を磨き、充実の社会人生活を送ってほしいものです。

ま、私もこんな偉そうなことを言える新成人ではなかったのですが。私も人のことを言ってる場合やない。私という個人をもっと磨かねば。そして子供たちにも個人の意識を打ち立てるように教え諭さないと!


WORK SHIFT


本書に巡り合ったきっかけは読書会だ。ハマドクという横浜で開催されたビジネス書読書会。

ハマドクの主宰は、横浜で行政書士としてご活躍されている清水先生である。清水先生は私が個人事業主から法人化にあたっての手続き面で多大な貢献を行って下さった。その先生がハマドクを立ち上げるというからには参加しない訳はない。本書はその第一回ハマドクで取り上げられた題材である。

だが、私はそれまで読書会というイベントへ参加したことがなかった。もちろん本好きとしては、かねてから読書会の存在は耳にしていた。が、それまで誘われたこともなく、こちらからも積極的に関わろうとしなかった。要するに無縁だったわけである。そんなわけで第一回ハマドクにお誘い頂いた際も、事前に本書が題材として挙がっていたにも関わらず、読まぬままに臨んだ。

第一回ゆえ、参加者は私と清水先生のみであった。が、二人とはいえ大変有意義な内容だったと思う。第一回ハマドクの内容については、こちらのブログ(第1回ハマドクを開催しました)で先生が書かれている。

本書の内容は、先生のブログを引用させてもらうと、次のようになる。

働き方の未来を変えるものとして、本書では次のことが挙げられています。
・テクノロジーの進化
・グローバル化の進展
・人口構成の変化と長寿化
・社会の変化
・エネルギー・環境問題の深刻化
未来における暗い事実として、
・いつも時間に追われ続ける(テクノロジーの進化、グローバル化の進展により引き起こされるもの)
・孤独化(都市化による)
・新しい貧困層(テクノロジーの進化、新興国の台頭等により引き起こされるもの)
が想定される一方、明るい未来を築くために、3つの転換<シフト>が求められます。
・ゼネラリストから専門家へ(しかも次々に専門分野を開拓)
・協力と信頼を伴うネットワークの構築
・情熱を傾けられる仕事をする

先生が書いた上の内容で本書の内容は要約されている。私が付け足すことは少ないが、私自身が思ったことも含めて書いてみたい。

・テクノロジーの進化
・グローバル化の進展
・人口構成の変化と長寿化
・社会の変化
・エネルギー・環境問題の深刻化
は、ここ10年の社会の動向として多くの人が同意することだろう。そして、それらの問題の行く末に不安を覚える方も多いことだろう。特に一つ目のテクノロジーの進化は他の4つと違い、ここにきて急に話題に挙がるようになった問題といえる。第一回ハマドクが行われたのは2015/6/27のことだが、この前後にもテクノロジーの進化を如実に示すニュースが報道されている。例えばドローンを使った無秩序な儀式妨害が社会問題化されたのは第一回ハマドクの前月の話。ソフトバンクグループによって世に出されたPepperの初の一般販売が行われたのが第一回ハマドクの7日前。Googleによって開発されたAlphaGoが人類のプロ囲碁棋士(ヨーロッパ王者)を破る快挙を成したのは第一回ハマドクの3ヶ月後だ。ハマドクで先生が本書を選んだのは、まさに時宜を得た選択だったといえる。

このようなニュースは、後世からは技術革新のエポックとして残るに違いない。さらに後世の人から見たら、2015年の技術発展のニュースの延長に、シンギュラリティがあることを理解していることだろう。シンギュラリティのニュースが新聞の一面や社会面に登場することはまだ少ない。新聞でいえば日曜版で特集されるような内容だ。知的好奇心の豊かな人や技術関連の人しか知らないかもしれない。

シンギュラリティとは、要するに人工知能が人類の知能を上回る日といえば分かりやすいだろう。今まで地球上で唯一無二と人類が自負していた知恵が、人工知能に負ける日は遠からずやってくる。それは間違いない。ましてやAlphaGoの快挙の後となると、シンギュラリティがやってくる予想に正面切って反対する論者はもはや出て来きそうにない。新聞の一面や社会面でA.I.絡みの重大事件が報道される日が来ることも遠い未来の話ではなさそうだ。シンギュラリティが成った暁には、我々人類が営々とやってきた仕事の意味もガラッと変わることだろう。報告の為の報告や、会議の為の会議といった、ただ仕事をするための仕事は滅び去る。管理職や事務職もほぼ一掃されることだろう。ただ、人工知能による仕事が、無駄な労力を省くだけならまだよい。問題は、人工知能が人々の日々の営みの中にある遊びすら剥奪するようになることだ。

著者はそういった未来すら見据えた上で、人類の未来を予測するための議論を本書の中で打ちたてようという。著者が見据える未来とは2025年。遠くもなく、近くもない未来だ。だが、10数年先と云えば、10年一昔という言葉の示す通り、あっという間にやってくる未来でもある。つまり読者にとっても遠からず押し寄せてくる未来なのだ。10年ぽっちで何が変わると思っていると、あっという間に取り残されてしまう。そんな時代に我々はいる。

本書は大きく四部に分かれている。先生のブログでもそれぞれの内容は書かれているが、それをもう少し詳しく書いてみる。

第一部は、「なにが働き方の未来を変えるのか?」。

その中で著者は、
・テクノロジーの進化
・グローバル化の進展
・人口構成の変化と長寿化
・社会の変化
・エネルギー・環境問題の深刻化
の5つの問題を挙げる。そしてそれぞれの項で具体的な事象を3から10通りほど挙げる。全32通りの事象は、著者がロンドンの「働き方の未来コンソーシアム」の事業の一環として全世界の協力者から集めた事例を基に打ちたてたものだ。実際のところ、ここで挙げられた事象以外にも様々な可能性は残されている。しかし、それは大抵が地球のカタストロフィに関する問題であり、もはやそれが起こった際、人類は滅亡するに違いない。そのため本書ではそのような事象は意図して取り除いているのだろう。

第二部は、「「漫然と迎える未来」の暗い現実」、と題する。先生のブログを引用すると、以下の3項が該当する。

・いつも時間に追われ続ける(テクノロジーの進化、グローバル化の進展により引き起こされるもの)
・孤独化(都市化による)
・新しい貧困層(テクノロジーの進化、新興国の台頭等により引き起こされるもの)
3つの例を、著者は想像力を張り巡らし、2025年の未来図として我々の前に提示する。実際、この3つともIT屋である私にとっては実感できる問題である。一つ目の時間に追われる件についてはまさに私の日常そのものだ。二つ目の孤独化も同じ。ITという私の仕事柄、自宅で仕事をすることも出来る。が、それをすると自由を満喫できる一方で、下手すれば人と一日合わずに仕事が出来てしまう。私の場合は定期的に人にあったりする機会を設けている。が、人に会うことなくこもりきりで仕事をする人によっては精神的なダメージを受けるかもしれない。三つ目の貧困層もオフショア開発や、海外からの来日技術者を目にすることが当たり前の開発現場にあっては、さらに技術者として老境に入った方々に対する厳しい現実を目の当たりにしていると、他人事でないことを強く感じる。

第三部は、「「主体的に築く未来」の明るい日々」、と題し、第二部とは打って変わって明るい未来を描く。

・コ・クリエーションの未来
・積極的に社会と関わる未来
・ミニ企業家が活躍する未来
の3点が著者による明るい未来予想図だ。だが、明るい未来であっても、企業内で安住するという従来の職業観は廃れていることが示される。著者は従来の職業観からの脱皮無くして、明るい未来はないとでも云うかのようだ。そして実際著者の予測は遠からずあたるに違いない。

私が第一回ハマドクに参加したのは、すでに法人化が成って3か月近い日々が経っていた。しかし、本書に出会うのがもっと早ければ、私の起業はもっと早くなったかもしれない。というのもこの章で述べられる明るい未来とは、私の理想とするワークスタイルの方向性にとても近いからだ。実際、コワーキング関係の方々とのご縁で仕事の幅がどれだけ広がるか、また、社会に関わるということが如何に自分の器を広げるかについては、交流会や自治会や学童保育での体験で充分に感じたことだ。それは起業ほやほやの私にとって、とくに声を大きく主張しておきたいと思う。

第四部は、「働き方を<シフト>する」と題されており、本書で著者の言いたい核心が詰まっている。

再び先生のブログを引用すると、
・ゼネラリストから専門家へ(しかも次々に専門分野を開拓)
・協力と信頼を伴うネットワークの構築
・情熱を傾けられる仕事をする
ということだ。

本書を読んだことが、起業ほやほやの私に与えた影響は小さくない。特にゼネラリスト志向の強かった私にとって、本書で著者が提言する専門家たれ、とのススメは効いた。個人事業主として独立する前、私はプログラミングからLAN配線、ハード構築、PCセットアップとIT何でも屋としての自分に自信を持っていた。が、個人事業主になって痛感したことは、それは所詮何でも屋であること。限られた時間の中で全能の仕事など出来っこないという現実だ。

第一回ハマドクの後、起業ほやほやの私は、専門家として舵を切ることとなる。専門家としての自分の強みを見出し、そこに活路を見出すという路線だ。その強みとはサイボウズ社のクラウド基盤kintoneのテスト時から関わり、エバンジェリストとして任命されたこと。そして、文章を書くことが好きだったため、多少なりとも文章の執筆ができること。この二本柱だ。その二本柱で専門家として生きていくには、kintoneエバンジェリストとしての活動を活発化させ、文章執筆についてもkintone初心者講座という連載や、当読読ブログをはじめとしたブログ群から活路を見出すべきなのだろう。

専門家となったところで、所詮は私の時間は一日24時間しかない。そこで、二つ目に挙げられている協力と信頼を伴うネットワークの構築が重要なファクターとなる。実際、起業ほやほやの私が交流会に盛んに顔を出すようになったのも第一回ハマドクの前後からである。例え細切れの時間であってもFace to Faceでのビジネストークは、メールなどの字面でのビジネスに比べていかに大きな効果をもたらすか。これを私は学んだ。

三つ目の情熱を傾けられる仕事についても私が実感していることである。私は個人事業主時代から含めると9年ほど常駐開発先での作業というワークスタイルを続けてきた。が、そういったワークスタイルを見直し、週の半分を自宅事務所での仕事に充てるようにした。通勤ラッシュという心身を擦り減らす作業に心底愛想が尽きていた私。そんな私にワークスタイル変革のための影響を与えたもののうち、本書は決して少なくない割合を占めている。情熱を傾けられる仕事というフレーズは、このままではいけないという私の気持ちに火を点けた。

かように、本書は文字通り私にとってのワークシフトを象徴する一冊となった。おそらくはこれからの未来、人々の仕事環境は激変していくことだろう。おそらくは会社組織もその時代の流れにそって自己変革を遂げていくに違いない。だが、それが出来ない企業、既存の環境に安住するビジネスマンにとって、未来はあまり芳しいものではない。残念なことに。我が国にあってはそれが顕著に出てくることだろう。

著者が終章に載せたのは、3通の手紙。

・子供たちへの手紙
・企業経営者への手紙
・政治家への手紙
の3通の手紙それぞれは、著者の本書のまとめである。そして、未来へ託す著者からの希望のメッセージだ。残念ながらこれらの手紙は、今を墨守し、変革を拒む方へは届かない。だが、未来を志向し、変革を恐れぬ人にとっては福音にも等しい手紙となることだろう。少なくとも私にとって本書は2015年の読書履歴を語る上で重要な一冊になった。その証拠に、第一回ハマドクからほどなく、私は本書を新刊本で購入した。私が新刊本で本を購入するのは結構稀なのだ。

多分今後も折に触れ、本書を読みかえすことだろう。2025年の時点で、私が起業した法人を潰さずに活動させているか。それとも、意に反して経営を投げ出しているか。それは分からない。が、法人や個人に関わらず、仕事の意識を変革させなければならないことに変わりはない。

本書に引き合わせてくれた清水先生には法人化への手続きを取って下さった以上に、本書をご紹介くださったことに感謝したい。

‘2015/7/18-2015/7/26